榎本 あつし 
 榎本 あつし
 (atsushienomoto)

【資格で独立開業、成功への道しるべ】 第四回 「資格試験に合格・・・。さてその後は?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回まで、


「会社を退職し、残り3ヶ月にかける!」

「真夏の試験会場がエアコンで寒い!が、まさかの腹巻持参でミラクル!」

「会場から帰り道で配られる結果速報にガクガクブルブル」


という状況だったことをお伝えしました。


資格学校のスタッフが配る結果速報、見るたびにためいき・・・。
なにせ、資格学校によって解答が違うんですよ~!!
と、ここで愚痴をいっても仕方ないのですが。


試験の合計点では、何とか基準を上回っていたのですが、
社会保険労務士の試験は科目ごとに「足きり」というものがあって、
一つの科目で3点以上とっていないと、たとえ合計点がどんなに良くてもOUT!!
と、いう仕組みになっているのです。


そこで、自分に都合よい採点をすると、何とかセーフ・・・。
・・・でも、間違いと解答されている学校も多数あり。


そんなもんもんとした日を過ごしながら、
来年に向けての勉強はする気が起きず、
生活費を稼がなければならないために、
工場の夜勤バイトなどをやっていました。


工場の写真


そして、約三ヵ月が経ち、運命の発表の日。
ネットで合格発表があるので、それをおそるおそる見てみると・・・。


ありました!何とか合格!


よかったよかった。
とにかくホッとしました。
何せ、来年に向けての勉強などしていなかったのですから。


さあ、晴れて社会保険労務士の資格を取りました! この後は前途洋々!


・・・前途洋々?
・・・あれ、この後は?


そう、卒業後にフリーターなどをしていたように、
もともと無計画な人生を送っていた自分には、
資格試験の合格だけしか考えていなかったのです。


実際には、試験に合格していても実務経験がない限りは、
正式な資格取得とはならず(あくまで試験合格者止まり)、
社会保険労務士を名乗ることも出来ないのです。


社会保険労務士として営業をするためには、

● 実務経験2年以上
● 指定の講習を受ける(10ヶ月ぐらい先に実施される)

という条件があったのですね。
そう、すぐに開業できないのです。


さて・・・。ここで人生のちょっとした3択です。

1. 企業の人事や総務に就職して2年実務経験を積む。
2. 社会保険労務士事務所に就職して2年実務経験を積む。
3. 講習の実施時期までバイトをしてつなぐ。

やっぱり、社会保険労務士事務所に就職して2年実務経験を積む。
これが開業準備としてはいいよね、と短絡的な判断。


求人募集を探し、面接を受けようと応募してみました。


ところが、ほとんどが書類選考で落ちてしまい、
面接まで行きませんでした。


卒業後、就職暦がないのと実務経験がないのが、
致命的だったのでしょうか。


確かに、現在の私の事務所に求人を出すとしても、
履歴書を見て、実務経験全く無しでフリーター経歴の方を
採用候補としてはすぐには上がってこないでしょう。
(社会保険労務士試験後の、事務所への応募は大量にあるそうです)


自分の経験があるので、取り合えず会ってみようとは思いますが・・・。


さて、履歴書が返送される毎日。
社会保険労務士事務所だけでなく、先ほどの3択の中の一つ、
1.企業の人事や総務に就職 も選んで行きました。


ハローワークに通い、
「未経験可」というところの企業へなりふり構わず応募です。


ハローワーク


しかし、ここでもやはり未経験+フリーターが厳しいのか、
面接まで行かないことが多かったのです。


そんな中、ある企業が面接可能との連絡。


「よっしゃ!」 と小さくガッツポーズ。
勢い勇んで面接へ。東京渋谷の企業でした。


企業のあるビルの下まで到着。
緊張して心臓はバクバクです。


エレベーターを上がり、受付へ面接で来ました、
と告げたのですが、どうも様子がおかしい・・・?


「申し訳ありません、そちらの企業はここではありません」


ああ!場所を間違えた!


いくつかのグループ企業がある会社で、
建物も分かれていたのです。
同じグループの別の会社に行ってしまったのですね・・・。


「少々お待ちください。」
「●●会社の担当の者がこちらに参ります。」


どうやら、間違えた面接者(私)のためにこちらに来るとのこと。
会う前から印象は最悪・・・。


そして、面接担当の方到着。 本部長でした。
もう逃げ出したいような気分の中で面接スタート。
履歴書をしげしげと眺めています。


そして一言、大きな声で、


「なんだ、未経験なの!?ダメダメ!」


えー!求人には未経験「可」って書いてあったのに!



・・・次回に続きます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >