佐藤 公和 
 佐藤 公和
 (kimikazusato)

【第5回】あなただけの“オリジナルマップ”の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。“応援のチカラ”代表の佐藤公和と申します。

 

今回は、「あなただけの“オリジナルマップ”の作り方」というテーマでお伝えします。

 

 

設定した目標に向かってどのように進めていくのかを考えること、それがプランです。

 

旅行に例えるなら、

目的地を北海道と決めたとすれば、現在地(東京)から目的地(北海道)まで
どういう手段、ルートで行くかを決める
ということです。

 

プランを立てるときに、よくクライアントさんから質問を受けることがあります。

「プランを立てるときは綿密にすべきでしょうか?それともおおざっぱに立てた方が

いいのでしょうか?」

 

その際、私はこう答えるようにしています。

「進めていく上で、あなたにとって心地よいプランであれば、どちらでも

OKです。それは何回かやっていくうちに自然と分かってくるものです。」

 

つまり、日々細かくやるべきことがスケジュールに落とし込まれたプランでも、

やるべきことのポイントだけが書かれていて、目安となる日程までにできればいいという
プランでも、あなたにとって心地よいプランであればどちらでもいいということです。

 

 

ただ、気をつけなければいけないのは、

「一度立てたプランは、絶対にその通りにやり遂げなければだめだと、自分をがんじがらめにしないこと」です。

 

 

なぜなら、あくまでプランを立てた時点で、自分が知り得た情報を元に判したもの
だからです。

 

ちょっと、イメージしてみてください。

 

旅行に行く計画を立てていたときにその時点では、Aプランが一番いいと思っていた
のに、しばらくしてから実はBプランというAプランよりもいいプランがあることが
分かったら・・・

 

みなさんはどうしますか?

 

AプランからBプランに変更しますよね。

それを「一度決めたんだから絶対にAプランで進めなければ」と思うから苦しくなる
のです。

 

では、旅行のプランでは変更できるのに、なぜ目標を実現するためのプランを立てる
ときは、こういった“落とし穴”にはまってしまうのでしょうか?

 

それは、

「立てたプラン通りにやれば実現できるという確信が持てないから」

ではないでしょうか。

 

旅行であれば、よほどのアクシデントがない限り目的地まで行くことができないという
ことはありません。

一方で、自分が立てた目標は、当初のプラン通りに進めれば絶対に実現できるという

保証はありませんが、変更したとしても保証されるものでもありません。

 

だからこそ、変更することに対して不安に感じてしまったり、プラン通りに進まない
ことに対して、自分や周りを責めたりしてしまうのではないでしょうか。

そうやってストレスをためてしまっては、なんのためにプランを立てたのか分からない

ですよね。

 

 

大切なことは、
「プランはうまくいかなくて当たり前、変わって当たり前と思うこと」です。


そもそも絶対に実現できるというプランを作ること自体が不可能なのです。

予想外のことが起きたり、環境や状況の変化が生まれたら、その都度対応していく
ということは、どんなプランにもつきものではないでしょうか。

 

では、なぜプランが必要なのでしょうか?

 

それは、

「今、この瞬間の不安を取り除くため」です。


本当にうまくいくのか不安になったり、今なにをやるべきかわからなくなったりして、
手につかなくなったことはありませんか?

 

プランを立てることでやるべきことが明確になり、今この瞬間にやるべきことへ集中
できればいいのです。なぜなら、やるべきことをやり続けて積み重ねていくことでしか、
前へ進むことはできないからです。

 

つまり、プランとは現時点でわかるこれからのステップについて見える化するということなのです。プラン通りに進めるために作るわけではないので、進めていくうちに変わって当たり前なのです。

 

そして、もっとも大切なことは、
「プランを立て、行動し、改善するというサイクルを回し続けていくこと」です。

 

プランを立てて、そのプランに基づいて行動に移し、その結果を振り返ってみる。
うまくいったら、また進めてみる。うまくいかなかったらその原因を検証し、
改めてやってみるか、別の方法でトライしてみる。

 

その検証をするためにプランが必要なのです。

 

 

そして、そのプランはあなたの成長の軌跡を振り返ることができる、

世界にたった一つしかない“オリジナルマップ”になるのです。

 

みなさんも自分の成長の軌跡を記した、あなただけの“オリジナルマップ”を
つくってみてくださいね。

 

 

次回は、「頭スッキリ時間管理術」についてお伝えします。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >