榎本 あつし 
 榎本 あつし
 (atsushienomoto)

【第19回】 独立前にしておいてよかったこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

今回は、ちょっと個人的な話。

「私が独立する前にしておいてよかったこと」です。

 

 

これから独立する人、皆におススメかどうかは、

なんともいえませんが・・・。

 

 

さて、その「よかったこと」とは・・・。

 

 

「マンションの購入。」

 

 

です。

もちろんローンですが。

 

 

 

 

ご存知のように、独立した場合、給与を毎月もらう企業の会社員ではなくなります。

いつ支払い能力がなくなるかどうかわからない、という不安定な身分になりますので、ローンを組むことが難しくなるのです。

 

 

そこで、独立直前の会社員時代に、散々調べました。

 

 

1.独立起業前の可能なときにローンを組む方がいいのか。

2.独立起業後に苦しまないようローンは組まないほうがいいのか。

 

 

どちらかというと、後者の方をおススメする意見が多かったのです。

 

 

・事業が波に乗るまでは、できるだけ支出は抑えるべき、もし支払うことできなくなったら大変だ。

・いくらローンといえども、いくらか手持ちの現金が最初になくなる。それは、事業の運営費や生活費として蓄えておくべきだ。

 

まあ、そうですよね。

冷静に考えると確かにそうです。

やはり散々悩みました。

 

 

ただ、独立後となると、最低でも3年ぐらいは買えなくなる・・・。

利益が上がらなければもっともっと購入が大変・・・。

申し込み締め切りも迫る・・・。

 

 

そんな思いが巡り巡る中、

「えーい、なるようになる!」

と、購入してしまいました。

 

 

あとから仲介の不動産会社の方に聞いた話でしたが、住宅ローンを組むとなると自営業の場合は、最低でも3年間引き続いて税引き前で500万ぐらいの所得があることが目安だそうです。

(融資額、事業の内容、その他たくさんの要素があるのであくまで一例です)

 

 

結論としては、今現在何とかなっているので、購入してよかったと思っています。

たとえ賃貸だとしても、住居に費用はかかりますので毎月単位ではあまり変わらないかも。

 

 

ちなみに、独立後に車を購入しようとしたことがありました。

ローンで購入しようとしたところ、ほとんどの金融機関でダメだったのです。

車の金額程度でも、ローンがダメといわれたときはショックでした・・・。

自営業の信頼度の低さを肌で感じました。

 

 

やはり現在でも、会社員の安定という強みは大きい武器なのかもしれません。

 

 

同じような理由で、独立直後はクレジットカードを作ることが難しくなります。

こちらは作る分には費用はかからない場合がほとんどですので、ぜひ会社員時代につくっておくことをおススメします。

 

 

経費の支払いなど、専用のカードを作っておくと便利ですよ!

こちらは万人におススメできます。

 

 

今回、ちょっと個人的な感想のお話でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

次回もお楽しみに。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >