秀幸 松本 
 秀幸 松本
 (hideyukimatsumoto)

【第6回】 Step3 自分にピッタリのトレーニングメニューで学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、英語習得コーチの松本秀幸です。

 

前回はStep2「英語習得ができるようになる仕組みを理解する」で無理なく

英語ができるしくみを頭で理解していました。

 

頭で理解するのは第一歩。

頭で理解しても英語はうまくならないし、使えるようになりません。

自分にピッタリのトレーニングを見つけていきましょう。

 

さてどんな学習法がいいでしょうか?

 

英語の学習方法は世の中にいろいろあります。いろいろな教材や学校が

「うちが決めて」と言っているとは思いますが、万人に効くかどうかは疑問。

現実的には、お金と時間をかけても英語ができるようになっていない方が多いので、

それらの教材だけでは無理なのでしょう。

 

一番の大きな原因は、Step1の目標設定をしっかりやっていないことですが、

トレーニングの仕方がわからなくて、挫折するというパターンも多くあります。

 

「英語脳」と「自分英語」をつくるためには、いくつかのトレーニング方法と多くの

学習素材があります。学習者ひとりひとりで学習スタイルが違います。

また「好きなこと」も違います。自分の好きな「学習スタイル」と「素材」で学ばないと

続きませんし、結果もでません。

 

英語を習得する秘訣は「好きなことと英語を結びつけること」でした。

中級以上の学習に入ってくると好きなこと(スポーツ、料理、ビジネス…etc)を

英語学習素材に使えるようになります。

自分の好きな人や好きなものを英語で学んでいくとよいでしょう。

 

 

それでは初級の段階で必要なトレーニングはどうでしょうか?

初級で一番重要なのは「短文インストール」です。これは文法的要素、基本語彙を

含んだ短い文章を音声付きで覚えてしまうことです。

日本語に訳して英語を理解するのではなく、英語のままで理解します。

 

具体的には英語で「音読+シャドーイング」を行います。

音読+シャドーイングを行うことで短文を無意識で処理できるようになります。

 

たくさんの本で学ぶ必要はありません。すでにお持ちのものがあれば、

それを使ってもある程度の成果は出すことはできます。

中学校の英語教科書を音読して覚えるというのでもOKです。

 

短文インストールに使えるよく売れている書籍には下記の様なものがあります。

□『話すための英文法』シリーズ

□『瞬間英作文』シリーズ

□『英会話・ぜったい音読』シリーズ

 

コツコツしたトレーニングだけでは続けにくいときもありますので、

好きな音楽、好きな本、好きな映画、好きなスポーツ、好きな◯◯を素材に使って

英語を楽しみながら学習を進めていきます。

 

好きな曲を歌ってみる、料理を英語でやってみる、ドラマや映画を英語(+字幕)

で楽しむといった学習メニューを見つけましょう。

 

さらに、どんなことができるか知りたい場合は拙書

『今からでも英語ができる人になる英語勉強法100選』

(ディスカヴァートゥエンティワン刊) http://amzn.to/imakara100

にいろんな楽しみ&英語体験をたくさん紹介してますので、パラパラと読んでみると

見つかると思います。

 

自分の興味のあることで英語を学ぶように意識していきましょう。

せっかく学ぶなら楽しいのが一番ですね。

 

次回はStep4「トレーニングを継続する」です。

 

 

【松本の著書】

☆『iPhone英語勉強法 スキマ時間で英語力を上げる55の技』 http://amzn.to/iphoneigo

→iPhoneで英語を学ぶテクニックとアイデアの宝庫!

☆『iPhone英語勉強法 多読&多聴トレーニング』 http://amzn.to/iphoneigo2

→英語習得の秘訣、多読&多聴をiPhoneで!

☆『iPhone英語勉強法 書く・話すレーニング』 http://amzn.to/iphoneigo3

→英語アウトプットをiPhoneで加速して楽しむ!

☆『今からでも英語ができる人になる英語勉強法100選』 http://amzn.to/imakara100

→初心者から上級者まで自分にピッタリな英語勉強法をみつけよう!

☆『英語は図で考えなさい』 http://amzn.to/eigowazu

→「わかりやすい、おぼえやすい、つたえやすい」ビジュアル・イングリッシュで英語のコツをつかもう!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >