榎本 あつし 
 榎本 あつし
 (atsushienomoto)

【第29回】 プライベートを発信していくべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

士業の方で「ブログ」や「ツイッター」などで自分自身のプライベートを発信している方がよくいます。最近は「フェイスブック」でも。

 

 

家族でどこ行った、とか、こんな食事した、とか。

結構多いですよね。

 

 

独立開業を目指す人からよく、

「プライベートのことをブログに書くのって、効果あるのですか?」

というような質問を受けます。

 

 

結論から言いますと・・・、

 

 

効果テキメンです!

 

 

ぜひやることをオススメします!

ただ効果があるのは、直接お客様というよりも、横のつながりへのもののほうが大きいということを分かってくださいね。

 

 

横のつながりとは、いままでこのブログでお伝えしてきた、独立開業時から高額受注を目指す営業方法「下請受注」で、元請けとなってくれる人や、お客様を紹介してくれる他士業の人などです。

 

 

最近は私自身、あまり力を入れなくなってしまっていますが、独立開業当初は結構ブログやツイッターを熱心に行っていました。

 

 

 

 

たまに、直接お客様に「ブログ見ましたよ。」などといわれることもありましたが、

圧倒的に上のような、お客様との間に入ってくれる方が多かったのです。

 

よく、

「ブログやツイッター、ホームページなどに力を入れても、見るのは同業だけだよ。」

といわれますが、まさしくその通り。

でも、それでいいのです

 

 

ブランドのない独立開業時は、「下請け」営業で高額受注を狙え!

と、このブログでは直接お客様ではなく、すでにブランドが確立している人からの「下請け」の仕事をもらっていこう!ということをお伝えしています。

そちらのほうが、より高額で大きな仕事ができるのですね。

 

 

その目的を目指しての「プライベートの発信」というわけです。

 

 

直接のお客様になるような企業の経営者が、そんなに士業のブログに普段から興味があるとは考えられません。

正直、あまり見ていません。

 

 

でも、同じ士業の人や経営コンサル的な仕事をしている人は、自分自身もブログなので発信している人も多く、他の人のブログなどをよく見に来ます。

 

 

そこで「自分」を知ってもらうことを目的にしましょう。

 

 

なので、その目的を持って、発信する内容も考えていきたいところですね。

 

 

この人とは一緒に仕事できそうだな、とか、考え方合いそうだな、とか、

そこらあたりの視点を持って、ですね。

 

 

さらにプライベートを発信する中で、年齢が近いな、とか家族構成が似ているなとか、趣味が同じ、出身が同じ、などからつながりが生まれてきます。

 

 

実際に私も、初めて会うような元請け、紹介元となるような方との打ち合わせでも、その方との最初の会話で、「ブログ見ましたよ~」なんて入りがとても多いです。

 

 

今回のまとめ!

 

 

ブログやツイッター、フェイスブックなどでプライベートは出来る限り発信すべし!

しかし、直接のお客様ではなく、同じ士業や元請けとなってくれる方たちを向いて発信すべし!

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >