秀幸 松本 
 秀幸 松本
 (hideyukimatsumoto)

【第4回】スマフォでいつでもアウトプット

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさま、こんにちは。

英語習得コーチの松本秀幸です。

 

今回はスマフォでアウトプット、つまり「書く」と「話す」のトレーニングについてご紹介しましょう。

 

英語はインプットが大切です。燃料を入れないと車が走らないとの同じ。でも、もっと大切なのはアウトプットを意識してインプットすることです。お気に入りのアウトプット練習を見つけて、英語力アップしましょう♪

 

 

Part3 .書く


大人の英語学習は、話す前に「書く」です。書けないものは話せません。英文を組み立てて書くというステップができないのに、いきなり「話す」のは階段のステップとしては、ちょっと急なんです。

 

「話す」のは、英語の音を発するという動作をしなければなりません。まずは時間をかけても英文組み立てのアウトプット「書く」から始めましょう。

 

 

1.ソーシャルメディアで書く


TwitterやFacebookで英語でコメントを入れていきましょう。間違えても大丈夫。だれも気にしてませんから。

 

Twitterで英語学習するのに便利なアプリをご紹介しましょう。

 

-Hi! Tweet ~つぶやいて覚える英会話~(アルク)- ALC PRESS,INC

http://bit.ly/app_hitweet

英語学習用のTwitterクライアントとしておすすめです(あくまで英語学習用と割り切ることが大切です)。

 

英語学習に便利な機能は下記のものがあります。

・英語の例文が豊富→英借文してTweetできる

・便利なハッシュタグ、アカウント紹介

・英辞郎でそのまま調べられる

 

 

2.日記を書く


英語で日記は英語力アップに役立ちます。何に書いてもいいのですが、本格的にやるならEvernoteに書きためるのが、後々検索する際にも便利です。

 

英語学習用アプリのおすすめはこちらです。

 

-英語日記ドリル【添削機能つき】(アルク) ALC PRESS,INC

http://bit.ly/app_alcdry

 

英語で短い日記を書く練習に役立つうえ、英作文練習では添削もしてくれます。こちらもアプリ内で英辞郎と連動しているので、色々調べるのに便利です。

 

 

3.Evernoteにためる

 

ネタを思いついたら、なんでもEvernoteに溜めておき、自分のキーワードをどんどんストックしていきましょう。日記も写真と一緒に溜めておくのもいいですね。 「自分英語」メモはEvernoteでつくるのがベストです。

 

 

4.iPhoneで文字入力のコツ


iPhoneで文字入力するのに面倒に感じることがありますよね。

いくつかコツを伝授します。

 

―英語で大文字を連続して入力したい

キーボードの上矢印(左側下から2段目)を2回押すと青色に反転します。この状態で大文字入力できます。

―ピリオドの簡易入力

Spaceを2回タップするとピリオド(.)が入力されます。

―長押しして特殊文字を入力する

通貨マークや英語以外の特殊文字(ウムラウトなど)はにたようなキーを長押しすると選択できるようになります。

 

こんなことしたいけどわからない、ということがあったらお知らせくださいね。

 

 

Part4 話す


さていよいよ「話す」です。文字情報に音声情報を足していきます。いくつかお薦めのものを紹介しましょう。

 

 

1.英語表現を身につけ使う


話すためには英語表現を使えるように練習するのが大切です。会話表現アプリを使って自分にお気に入りの表現や単語をピックアップして口から出るように練習しましょう。

 

次の二つはベストセラーとなっている「起きてから寝るまでシリーズ」のアプリです。 朝から晩までのつぶやきでお気に入りのものをピックアップして使えるようにしましょう。

 

―日常会話表現 – [アルク] 起きてから寝るまで英語表現

http://bit.ly/app_okine

―オフィス会話表現 -[アルク]起きてから寝るまで英語表現

http://bit.ly/app_okineof

 

英会話によく使われる表現がたくさん入ってます。

―Real英会話  http://bit.ly/app_reale

 

 

2.音声認識アプリで遊ぶ


自分の英語がきちんと通じるかどうかは気になるところですね。音声認識アプリで試してみましょう。

 

パソコンソフトでも知られている下記のアプリがおすすめです。

Dragon Dictation – Nuance Communications http://bit.ly/ipe_drasp

 

自己紹介、自分の名前のスペル、電話番号などがうまく認識されるでしょうか?

まずは日本語モードで試してみてどれくらいの精度で認識されるかを確認した上で英語モードにチャレンジしましょう。

 

 

3.発音アプリで発音チェック

 

いろいろアプリがあります。スキマ時間で発音をチェックしましょう。自分の発音を録音したり、カメラでチェックするのもいいですよ。

 

たくさんアプリがありますが、手軽なアプリをひとつ紹介いたします。

自分の発音も録音して聴き比べてみて下さい。

iはつおん2 http://bit.ly/app_ihatsu2

 

 

4.英語名演説でモデリング


英語をうまくなるためには「いいな」と思う人の英語から学ぶことです。名演説のアプリで学びましょう。やっぱりSteve Jobs氏のスピーチがいいですね。

 

Book&Dic-世界の名演説 Premium http://bit.ly/app_wrldspch

23の有名なスピーチの文字、音声情報が入ってます。お気に入りのものを選んで良いところを学んでください。

 

まだまだいろいろありますが、ちょっと厳選してお伝えしてみました。

英語は使ってなんぼです。どんどんアウトプットしていきましょう。

 

世の中には豊富な素材があります。どんな物があるかなと思われたら下記の『iPhone英語勉強法』シリーズを読んでみてさいね。きっとお役に立てます。

 

『iPhone英語勉強法 スキマ時間で英語力を上げる55の技』

http://amzn.to/iphoneigo

→iPhoneで英語を学ぶテクニックとアイデアの宝庫!

『iPhone英語勉強法 書く・話すレーニング』

http://amzn.to/iphoneigo3

→英語アウトプットをiPhoneで加速して楽しむ!

 

 

スマフォを使って

「いつでも、どこでも、好きなことで英語を使って世界を広げましょう!」

 

次回は「スマフォでなんでも調べる」です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >