秀幸 松本 
 秀幸 松本
 (hideyukimatsumoto)

【第5回】スマフォでなんでも調べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさま、こんにちは。

英語習得コーチの松本秀幸です。

今回はスマフォとPCでなんでも調べる方法をご紹介します。

 

英語学習で調べものをする時に利用するのは、

①単語の意味や表現→辞書

②その他もろもろの知りたいこと→サーチエンジンなど

などですよね?

 

まずは、便利なオンライン辞書をご紹介しましょう。

 

英和・和英辞書 英辞郎on the WEB

http://www.alc.co.jp/

使っている方も多いと思いますが、例文が豊富なので便利なので

私は有料のPro版を使ってます。

 

◎英和・和英・英英辞書 NAVER英語辞書

http://endic.naver.jp/

英和、和英、英英が入っているので便利です。

 

◎英英辞書Longman Dictionary of Comtemporary English

http://www.ldoceonline.com/

英英辞書は「知っている物を英語でどのように表現するか」を覚えるために使います。

決して知らない単語を調べてはいけません。Longmanの辞書アプリは有料ですので、

無料のDictionary.comなどを使うのがおすすめです。

 

◎英英辞書 Dictionary.com

http://dictionary.reference.com/

類語辞典もついているので便利です。

 

辞書には相性もありますから、一つの辞書でしっくり来ない時は、

複数の辞書で調べましょう。上記はブラウザー上で使えるサービスなので、

パソコン、タブレット、スマートフォンのどれでも使えます。

 

 

それぞれに対応するスマフォアプリはこちらです。

 

◎英辞郎 on the WEB for iPhone(アルク)

http://bit.ly/app_eijiro

 

◎NAVER英語辞書

http://bit.ly/app_naverd (Android版もあります)

 

◎ロングマン現代英英辞典【5訂版】 (LDOCE5)

http://bit.ly/app_ldoce (有料です)

 

◎Dictionary.com – Dictionary & Thesaurus – Free – Dictionary.com, LLC

http://bit.ly/app_diccomee (Android版もあります)

 

 

その他もろもろの知りたいことがある時は、こちらが便利です。

 

◎Google

Google 関係のアプリ  http://bit.ly/app_gglaps

みなさん使っていると思いますが、パソコンで単語を一気に変換するのは便利ですね。

Google検索は、自分の書いた英語表現が英語圏で使われているかのチェックにも使えます。検索エンジンをいかにうまく使うかが結果を変えます。

 

◎Wikipedia
アプリでみるなら定番 Wikipanion 
http://bit.ly/app_wikipani

みんなでつくる百科事典Wikipedia 
いろんな言語バージョンがあって面白い。ぜひ英語で調べましょうね。

 

◎知識、データ、計算をお願いするならWolframAlpha

WolframAlphaのアプリ  http://bit.ly/app_wlfalpha (有料)

たとえば「地球の直径は?」と英語で質問すると、ちゃんと答えてくれます。

 

 

それにしても、本当に便利な世の中になりましたね。

一昔前は一体どうやって調べてたのか・・・もう思い出せません(笑)

 

スマフォを使って

「いつでも、どこでも、好きなことで英語を使って世界をひろげましょう!」

次回は「スマフォでなんでもストックする」です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >