佐藤 公和 
 佐藤 公和
 (kimikazusato)

【第20回】 ライフワークの見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。
“応援のチカラ”代表の佐藤公和と申します。


前回は、「公開しない選択法」というテーマでお伝えしました。今回は、「ライフワークの見つけ方」というテーマでお伝えしてきます。

 

ライフワークを見つけたい!

でも、いざ見つけようとあらたまって考えたときに、「自分にとってなにがライフワークなんだろう?」と、わからなくなってしまっている方はいらっしゃいませんか?

 

考えれば考えるほど、よくわからなくなってきますよね。そんな方は、その堂々巡りをやめてちょっと立ち止まって考えてみて欲しいのです。そもそもライフワークってどんなものなのでしょうか?

 

 

ライフワークとは、


「なにかの職業ではく、あなたが大切にしたい生き方」なのです。

 

 

職業をあれこれ探しながら「~になる」と考えていても、ライフワークは見つけられないのです。なぜなら、「職業は、自分の人生の中の一つの役割にすぎない」からです。

 

つまり、職業という「木」から人生という「森」を見るだけでなく、人生という「森」から職業という「木」を見てみましょうということなのです。

 

では、人生を見るときにどんなところを見ていけばいいのでしょうか ?

それは、「過去」「現在」「未来」という時間軸で自分に質問しながら向き合ってみると見えてきます。

 

①「あなたが、今までの人生で大切にしてきたことはなんでしょうか?」(過去)

②「あなたが、今、人生で大切にしていることはなんでしょうか?」(現在)

③「あなたが、今後の人生で大切にしていきたいことはなんでしょうか?」(未来)

 

「過去」、「現在」、「未来」で書き出していくうちに、共通するキーワードが浮かび上がってくると思います。それが、「ライフワークの種」になるものなのです。その「ライフワークの種」をじっくり時間をかけて育てていくこと、それが、「ライフワークに生きる」ことなのです。

 

 

私が、会社員時代に書き出したことを一つの例としてご紹介しますね。

 

①「購買業務で関わる人たちのお役に立てるよう“応援”することを大切に仕事を

してきた」(過去)

②「同じ想いを持った中日ドラゴンズファンと共に中日ドラゴンズを“応援”することを

大切にしている」(現在)

③「プロコーチとして、以前の私と同じように悩んでいる方々のお役に立てるよう

“応援”していくことを大切にしていきたい」(未来)


 

「過去」「現在」「未来」に共通する言葉があります。

 

それが、“応援”です。私にとってのライフワークは、“応援に生きる”ことだと思っています。ですから、プロコーチの仕事は、ライフワークの中での一つの役割にすぎないのです。そういう視点から仕事を考えていくと、あなたに合った仕事が見つかるのではないでしょうか?

 

 

これから起業したいと考えている方の中には、すでにこの方向に進むと決めている方もいらっしゃると思います。そういう方でも、その方向性が自分の大切にしたい生き方に合っているのかどうか、ぜひ確認してみてください。

 

合っていれば、自信を持ってその道を進んでいけばいいでしょうし、どうかなと感じるのではあれば、もう少し向き合ってみてもいいかもしれません。「ライフワーク」を考えるというのは、生きる上での「スタンス」「中心軸」のようなものを再認識するということでもあります。

 

どんなことをやるにしても、どっしりと腰を落ち着けて取り組める人は、最終的にうまくいくものです。みなさんも「大切にしたい生き方」について、改めて考えてみてはいかがでしょうか?

 

次回は、「緊急でない重要なことを続ける技術」についてお伝えしていきます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >