佐藤 公和 
 佐藤 公和
 (kimikazusato)

【第23回】受け取る準備をしよう その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

“応援のチカラ”代表の佐藤公和と申します。


前回は、「受け取る準備をしよう」というテーマでお伝えしました。

今回は、「受け取る準備をしよう その2」というテーマでお伝えしてきます。

 

前回、感謝の気持ちをもち、今この瞬間に集中することで、受け取る準備をしましょうというお話をしましたが、今回は、具体的にどういう準備をすればいいかについてお話をしていきます。

 

ポイントは、3つです。

 

 

① 感謝できることを箇条書きでノートに書いてみる

 

いきなりノートに書くといっても、どんなことを書いていいかわからない方もいらっしゃると思います。そういう方は、普段あまり気にしていない「当たり前」のことについて振り返ってみましょう。朝起きてから寝るまでの間、「当たり前」に思っていたことの中で、どんなことを感謝できるでしょうか?

 

書き出していくと、「自分は1人で生きているのではなく、世の中に生かされている」ということに気づくと思います。なぜなら、決して自分1人だけでは、生きていけないからです。そこに気づくことができたら、自然と世の中のあらゆるものに感謝したいという気持ちが出てくるはずです。

 

 

② 心に余裕がないときは立ち止まって向き合う

 

起業に向けて準備しているなど、目標に向かって行動している人は、細心の注意が必要です。目標を実現するには、目標に向かってやるべきことをやっていく必要があります。

 

しかし、あまり欲しい結果に執着しすぎてしまうと、「受け取る準備(感謝の気持ち)」がおろそかになりがちです。結果を最優先に考えてしまうことで、感謝が後回しになってしまうからです。

 

その結果、自分が「受け取りたい結果」も受け取りにくくなってしまい、悪循環に入ってしまう方はいらっしゃいませんか?そんなときは、いったん欲しい結果のことを横に置いておいて、今、感謝できることについて向き合ってみましょう。そうすることで、受け取る準備ができて、自然に好循環に変わっていきます。

 

 

③ アファメーションで「受け取る準備ができる人」だと自然と思えるようにする

 

アファメーションとは、「こうなればいいな」と思うことを、「すでにそうなっている」と繰り返し唱えることです。そうすることで、潜在意識に働きかけ、自然に「自分は受け取る準備が出来る人」だと思えるようになります。

 

参考で、現在、私が毎日しているアファメーションをご紹介します。

 

『私は、世界中からもらえる、あらゆる愛を受け取る準備ができています。』

 

いかがでしたでしょうか?

もちろん、つい忘れてしまって「感謝」と思わず、「当たり前」と思ってしまうこともありますよね。私も同じです。

 

でも、日頃から「感謝」と「当たり前」のバランスを意識して、「当たり前」に思うことが多いな、悪循環に入っているなと感じたら、少し立ち止まって「感謝」できることに向き合ってみると、自分も周りも変わってくると思います。

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

次回は、「北風よりも太陽になろう」についてお伝えしていきます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >