大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件 問4:風邪を引いても寝込んだことはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

問題解決コンサルタントの大谷更生です。

 

後悔しない起業家の条件、今回の問いは ↓

4)風邪を引いても寝込んだことはない

 

 

この問いの「いいえ」を「はい」に変えるために必要なのは

『何もしない時間を作る』ことです。

 

 

本題の解説に入る前に、なぜ今回の問い

『風邪を引いても寝込んだことはない』

が後悔しない起業家に必要か、その理由をご説明します。

 

 

風邪を引いても寝込んだことはない方とは、身体の変化を敏感に

感じ取ることができる方です。

 

寝込むくらいに病気が重くなるまでには、せきや発熱、だるさと

いった病気の前兆が何回か出ているはず。

 

翌朝いきなり布団から起き上がれなくなってしまったという

致命的な事態に陥るのは、身体からの警告ともいえる病気の

前兆を無視して

「まだ大丈夫、まだいける」

と自分を過信したからです。

 

致命的な事態に陥る前に、何もしない時間を作って心身を休めて

ください。

 

 

 

ではどうやったら何もしない時間を作ることができるのか。

 

何もしない時間を作ると決めて最初にやるのは、TV・パソコン・

携帯電話といった電子機器の電源を全て切ることです。

これらの電源を切ることで、外とのつながりを遮断します。

 

 

次に、心の声に耳を傾けます。

 

「今日の夕飯は何を食べようかな」

 

「なんで佐藤さんにあんなこと言ってしまったんだろう」

 

「ゆっくり温泉に入りたい」

 

「ちょっと疲れがたまっているかも」

 

「お母さん、どうしているかな」

 

こんな感じで、自分の心の中に浮かんできたことを判断せず、

ただ味わってください。

 

 

次に、そうやって感じた一つひとつに、こう問いかけます。

「じゃあ、どうすればいいだろう?」

 

この質問を心に投げかけることで、今まで気になりつつも

放置してしまっていた一つひとつの課題に意識を向ける

ことができ、その結果、課題を解決するために何をしたら

いいかが見えてきます。

 

 

あとは、自分の心に浮かんだ”何をしたらいいか”を順番に

実行するだけ。

 

 

何もしない時間を作ってリラックスして身体を緩めることが

できたら、心身ともにスッキリして、パワーが湧いてくる

はずです。



 

 

あなたは身体と向き合うことで、ベストな体調で毎日を

過ごすことができます。

 

 

 

本日の問い>>

健康のために心がけていることは何ですか?

 

 

 

次回は問5

「続けることは苦にならない」

をお届けします。

 

お楽しみに…。

 

 

 

参考書籍:

3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >