大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件 問5:続けることは苦にならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

問題解決コンサルタントの大谷更生です。

 前回まで我流専門家ブログで連載していた“後悔しない起業家の条件”、
今回から起業家メディアGufo(グーフォ)よりお届けすることになりました。
引き続き、ご愛顧よろしくお願い申し上げます。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは
5)続けることは苦にならない

 この問いの「いいえ」を「はい」に変えるために必要な行動は
『続く仕組みを作る』です。

 

突然ですが、起業家にとって一番大切なことは何だと思いますか?
「商品・サービスを作る」
「お客さまを開拓する」
「利益を上げる」
「社員を雇う」
「社会に貢献する」


改めて考えると、いろいろと思いつくのではないでしょうか。

私が考える“起業家にとって一番大切なこと”は先ほどあげた中にはありません。

それは
「事業を続けること」
です。

suits

世の中には2種類の人がいます。
①やると決めたことを最後までやり続けることができる人
②やると決めたのに続かなくて途中でやめてしまう人

途中でやめてしまう人は
「最後までやり続けることができる人は、才能がある特別な人だ」
と思っていることが多いですが、それは違います。
やり続けることができる人と途中でやめてしまう人の違いはたった一つ、
続く仕組みを持っているかどうかです。

意思の力は弱いです。
さらに、人はできない言い訳を思いつく天才です。
「昨日の夜、飲みすぎた」
「朝起きたら、ちょっと身体がだるい」
「今夜はデートだから」
そんな理由で続けることを一度やめてしまったら、もう一度やり始めるのは至難の業です。
だから意思に頼らなくてよいように仕組みを持つのです。


では、どうやったら続く仕組みを持つことができるか。
オススメの方法は“人の力を借りる”。

私の友人に生命保険トップセールスの地位を10年以上維持し続けているスーパー営業マンのAさんという方がいます。
Aさんと他の営業マンの決定的な違いはひとつだけ、“ポイント制”という続く仕組みを持っていることです。

ポイント制とは何か?
Aさんは成果に直結する一つひとつの行動にポイントを設定しています。
例えば
4ポイント…申込獲得
3ポイント…面談
2ポイント…アポを取る、事務処理(書類チェック等)、準備
1ポイント…アポ連絡、紹介、フェイスブック更新

平日は一日●●ポイントというポイントノルマがあり、その日の仕事はポイントノルマをクリアするまで終えることができない、という約束を自らに課しています。

ではAさんは、どこで人の力を借りているのか?
答えはご自宅にあります。


Aさんが家に帰ると、玄関で奥さまに開口一番
「今日、何ポイント?」

もしポイントノルマを達成できていなかったら
「あと●ポイントどうするの?」

okusama
奥さまの厳しいチェックが入ります。
そんなときのAさん、お酒を飲んでいい気分で帰ってきても、玄関で一瞬にして酔いが醒めるそうです。

ポイントノルマが達成できていない日は着替える間もなく自宅の書斎に直行、ポイントノルマをクリアするまで行動を続けます。

過酷な競争の生命保険業界でAさんがトップセールスの地位を維持することができているのは、ポイント制と奥さまのチェックの賜物といっても過言ではありません。

あなたは誰の力を借りて、どんな続く仕組みを作りますか?

次回もお楽しみに…。

 

次回のテーマ:

6)新しいことには積極的に挑戦したい

 

参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4756915485/

3notkoukai

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >