平沢純一 
 平沢純一
 (junichihirasawa)

【元ニート、起業したんだってよ】絶対に報道されない!凡人のネガティブ経験がモテるワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

HirasawaJunichi



ぺいなぽー原人さん、ここ最近暑くなりましたね。

 

 

Gufo_crew_hirasawa


ホントだな。オレは夏が大嫌いだ。

 

 

 

HirasawaJunichi


僕も夏は好きじゃありません。
夏の良いところって、ビールがうまい季節ってぐらいですよね。

 

 

 

Gufo_crew_hirasawa


おいおい。いくら嫌いだからって、その発言はネガティブすぎやしねーか?

…そういや「ネガティブ」で思い出したんだけど、
なんで君は「元ニート」とかネガティブな経験を平気で開示するんだい?

 

HirasawaJunichi


まぁ、それには一応理由があるんですよ。

 

 

 

Gufo_crew_hirasawa


どんな理由?

 




HirasawaJunichi

まず大前提として、これから起業をしたいと思っている人や起業して間もない人に対して、僕ができる数少ないことのひとつだと考えています。
ネガティブ経験こそ、オープンソース!って。

起業家って言うとなんかカッコよく聞こえるし、これから独立したいって人から見たら特別な存在に見えなくもない。。

でも、実際はそんなことなくて、みんな試行錯誤しながら苦悩しながら前に進んでいっていると思います。

 

Gufo_crew_hirasawa


そーなの?

 

 

 

HirasawaJunichi

超エリートでもなければ、
「失敗、失敗、失敗、プチ成功、失敗、失敗、失敗、失敗、プチ成功、失敗、失敗、、、」

打率1、2割みたいな感じじゃないでしょうか。。
わかりませんが、実際、起業して2年の僕はそんな感じです。
まだまだ新米ですね。

 

Gufo_crew_hirasawa


それじゃ、まだまだレギュラーにはなれねぇぞ。

 

 

 

HirasawaJunichi

そうなんです。

でも、それを知らずに、プチ成功の部分だけ切り取ったものを客観的に見てみれば、何の苦労もなくスマートに成功を繰り返しているように見えそうでしょ?
ヒットシーンのダイジェストVTRを見ているようなものですから。

もし僕が、自分のヒットシーンばかりを切り取って発信したら、それなりにカッコよく見えるかもしれません。

 

Gufo_crew_hirasawa


そうかもな。

 



 

HirasawaJunichi


でも、たいして参考にならないと思うんです。
結局、打率1、2割の人間ですから。
(誤解のないように補足しておくと、打率10割は目指しているんですよ)

 

 

Gufo_crew_hirasawa



オレも補欠からは、学びたくねぇ。

 


 

HirasawaJunichi


ですよね(笑)

だったら、補欠選手が役に立てるのは、ヒットシーンなんかじゃなくて、ネガティブな経験、苦悩や失敗を共有するっていうことだと思うんです。

その中から何か共通点を見つけてもらえれば、グッと距離は縮まるはず。

・なんだ、打率1割じゃん。全然たいしたことない。
・自分と大して変わらないな。ていうか、むしろ自分の方が優れてる
・全然特別な人間じゃないじゃん、自分にもできるはず
・こんなヤツでも何とかやっていけるんだ

って、自信を持ってもらえると思うんです。

 

 

Gufo_crew_hirasawa


なんか、、ちょっとカッコいい話にしちまっただろ。。

 

 

 

HirasawaJunichi

ネガティブな経験を開示するだけで、少しでも自信を持ってもらえるなら公開しない手はありません。

もちろん、いま直面している事象については、そうそう開示できるものではありませんが、過去のネガティブ経験に関しては出来る限り開示していきたいと思っています。

そうしたら、ひとつくらいは共通点を見つけてくれるかもしれません。何人か、何十人か、何百人か、何千人か、何万人か、何億人かは分かりませんが。。

 

Gufo_crew_hirasawa


おい。なんかいい話なんだけど、、
ひょっとして『幸福の王子』パクってない?
自己犠牲の物語感が…



 

HirasawaJunichi


僕は、与えられる金箔など持ち合わせていませんよ(笑)

 

 

Gufo_crew_hirasawa


別にうまくねぇからな。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >