大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件 問10:どんな問題が起きても冷静に対処できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
問題解決コンサルタントの大谷更生です。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは
10)どんな問題が起きても冷静に対処できる


起業家として事業を運営していると、
・納期に間に合わない
・予想以上に費用がかかって、このままだと大赤字だ
・お客さまから「話が違う」とクレーム
など、いろいろな問題が毎日のように起こります。

nayamu

こんなとき
「早く解決しなきゃ」
とあせり、その場しのぎで対処して事態がさらに悪化してしまった…。
そんな経験、ありませんでしたか?


そこで必要なのが今回のテーマ“どんな問題が起きても冷静に対処できる”
ではどうやったら、この問いの「いいえ」を「はい」に変えることができるか。
答えは『今を受け入れる』

今を受け入れることで得られる一番のメリットは、全ては自分次第だと心から思えるようになることです。
目の前で起きていることには、全て原因があります。
今、あなたの目の前で起きていることは、過去あなたがやってきたことの積み重ねが結果となって現れているだけです。
「あのときのあの問題は●●さんのせいだ」
なんて過ぎたことを悔やんで責めても、目の前で起こっていることは何も変わりません。
今を受け入れて、これからどうするか自分自身で決めて行動することで、あなたが望むとおりに結果を変えることができます。


『今を受け入れる』には一つコツがあります。
まず、事実と感情を切り離してください。

なぜここまで問題が深刻になったか?
その原因をひも解いていくと、事実と感情がごっちゃになって整理がつかない状態になっていたということがよくあるからです。

「~なのはわかっているけど…」
この言葉を無意識に口にするようになったら要注意!
あなたの冷静な問題解決を感情が邪魔しているサインです。


あなたは“5つのなぜ”をご存じでしょうか。
「それはなぜ?」と5回繰り返して問いかけることで、問題の本質を深く掘り下げる思考方法の一種です。
何度も問いかけることで、問題の本当の原因を探り当てるのがポイント。トヨタ自動車で使われている手法として、よく知られています。

問題が発生したら、すぐ反応する前に
「なぜ、この問題が起きたのだろう」
と自分自身に問いかけてみてください。

kangaeru

あなたが納得するまでこの問いかけを繰り返すことで、事実と感情がごっちゃになって整理がつかない状態を、これは事実、これは感情と、一つひとつ冷静に切り分けることができます。

事実と感情を切り離す。
これが『どんな問題が起きても冷静に対処できる』第一歩です。

あなたはどんな問題が起きても冷静に対処できることで、誰からも頼られる存在になることができます。


本日の問い>>
あなたが今までに経験した一番大きな問題は何ですか?


次回もお楽しみに…。


次回のテーマ:
11)第一印象はいいほうだ


参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4756915485/
3notkoukai

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >