菅原茂夫 
 菅原茂夫
 (shigeosugawara)

英動詞で鍛える起業力【第12回】aspire:(~を)熱望する;(~したいと)切望する

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。年中夢求の税理士・中小企業診断士の菅原です。

私は「年中夢求」をモットーとして、これからビジネスを始めたい!という方向けに起業支援や資金調達支援を行っています。特にスタートアップ時の資金調達支援ということで、日本政策金融公庫からの資金調達に特化し、これまで数百人の方の資金調達支援を行ってきました。

このブログでは、起業時に日本政策金融公庫から短期間かつ高い確率で資金調達できるようなさまざまなノウハウだけでなく、私が税理士・中小企業診断士として数多くの中小企業経営者とお話をさせて頂いた中から、経営者を目指す皆さんに知っておいて頂きたいことを毎回、一つの英動詞をキーワードとして、お伝えしていきたいと思っています。


第12回目はaspireです。

aspireは「熱望する、切望する」という意味に訳されます。

2c4f4329b7bea6f6b02b4c6f540e57fd_s

起業に至った経緯は人さまざまです。「金儲けしたい」「何か世のためにしたい」という積極的な動機の人もいれば、「今の職場の人間関係に疲れた」という消極的な動機の人もいます。

この記事をお読み頂いている方、あなたはどちらですか?

私個人としては、積極的な動機でも消極的な動機でもどちらでも構わないと思います。どちらでも構わないという言い方は若干語弊があるかもしれませんね。ここでは「起業を検討中の段階では」という一言を付け加えさせて下さい。

起業を検討中の段階では積極的な動機でも消極的な動機でも構わないと思っています。

なぜ、そう思うのか?

これまで、起業を志望するたくさんの方々とお会いしてきました。その中には、前述の通り「金儲けしたい」「何か世のためにしたい」といった積極的な動機の人もいましたし、逆に「今の職場の人間関係に疲れた」「雇われない生き方をしたい」といった消極的な動機の方もいました。

起業とは「情熱」という言葉に置き換えられることが良くあります。「自分が本当にそれをビジネスとしてやりたいのか?」をとことん自問自答し、「それでもやりたい!」という結論に達したならば起業すべし、逆に、その結論に達するまでに至らないのであれば、現段階では起業を見送るべし、なんてことは起業に関する書籍にも書いてあることです。実際、私もそう思い、迷っている人にはそのようなお話をさせて頂いたこともありました。

しかし、たくさんの方とお話させて頂いていくうちに「起業を検討中の段階で、果たしてそこまでの覚悟が必要なのか?」という疑問を抱くようになりました。

というのも、非常に積極的だった方が、いざ起業してみると理想と現実のギャップに苦しみ、逆にそれほど積極的でなかった方が、うまく社会の流れに身を任せることにより、事業を軌道に乗せることに成功するケースもそれほど珍しくなかったからです。

そうなると、重要なのは起業する前より、起業した後のモチベーションなのかと。

人間には「慣れ」というものがあります。当初は積極的な動機でスタートさせてわけではないビジネスも、続けて行くうちに次第に慣れ、「こんなことがしたい」「あんなことがしたい」とも思うようになります。

「自分はこうありたい」と熱望・切望することが、次のアクションへのエネルギーになるようです。この強い想いは必ずしも起業を検討中の段階では必要ではないようです。

もちろん、「とりあえず起業してみて失敗したら失敗したでいいや」という情熱に欠けた人は必ずといってよいほど失敗します。逆に、情熱があれば、たとえ窮地に追い込まれたとしても何とかなるはずです。情熱を持った人には同じく情熱を持った人がまわりにいるはずなのです。そう、情熱は情熱を呼ぶのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >