天野 暢子 
 天野 暢子
 (nobukoamano)

プレゼン・コンシェルジュの「伝え方教室」【第14回】世界一カンタンなロゴづくり

このエントリーをはてなブックマークに追加

見栄えのいい資料づくりに詳しいプレゼン・コンシェルジュ、天野暢子です。
資料は凝ればいくらでも凝ったものが作れますが、今回はパソコン初心者でもカンタンにマネできるロゴの作り方をご紹介します。


■PowerPointでロゴづくり
企業にはマークやロゴがあります。皆さんが個人的に作る資料にも入れたいな…と考えたことはありませんか?

私もプレゼン資料の制作を代行している時、入れたくなることが多いです。そういう時、私はササッと作ってしまいます。

一応、私も学校でイラストレーターやフォトショップなどのデザイン系ソフトの使い方を習いましたが、使いこなせるほどではありません。
そこで普段はだいたいPowerPointを使って画像を作っています。


■3分で作れる手軽さ
ロゴは●や■などのシンプルな「図形」と「文字」の組み合わせが中心です。

まずは「挿入」タブの「図形」で○を描いて色をつけます。次に、「挿入」の「テキストボックス」で「横書きテキストボックス」を選んで文字を入力します。適宜、改行も入れて色をつけます。

○に赤をつけ、文字を3行に入力した

○に赤をつけ、文字を3行に入力した

この2つを重ね合わせます。上(表面)に表示したいものは「最前面に移動」で文字が見えるようにします。

2つのオブジェクトを中央揃えで重ねた

2つのオブジェクトを中央揃えで重ねた

次に、すべてのパーツを囲むように、マウスで左上から右下にドラッグして選択します。(周囲に囲み線が表示されます)

この状態で右クリックして、「図として保存」を選びます。保存場所はデスクトップなどがいいでしょう。拡張子は使いやすい「.jpg」(ジェイペグ)に変えておいてください。

「図として保存」は便利な機能

「図として保存」は便利な機能

たったこれだけでロゴの出来上がりです。慣れれば3分程度で作れるようになります。


■目立つ画像でアピール
画像は
・トリミング(不要な部分を見せない)
・ふちどり
・文字追加
等の加工・装飾で、さらに見栄えがよくなります。

PowerPointで目立つ商品写真が完成

PowerPointで目立つ商品写真が完成

「図として保存」と似たものに、バラバラのパーツをひとまとめにする「グループ化」という機能があります。ただし、これは拡大・縮小で、形が崩れたりします。

ところが、図にしておくと、四隅のハンドルで、拡大・縮小が自由自在です。

ひと手間かけた画像で、一目で視覚的に伝えていきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >