前田道明 
 前田道明
 (michiakimaeda)

小さく始める海外通販ビジネス【第5回】日本流“おもてなしの心”が外国人を虜に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
海外販売・輸入コンサルタントの前田道明です。

世界にもっと日本の「ものづくり」「サービス」を知ってもらいたい思いで、一念発起しコンサルティングを開始しました。Gufoでは、私自身の体験に基づいた海外通販ビジネスの実際を、わかりやすく伝えていきます。

今回は、外国人を虜にする日本流の顧客対応についてご説明しましょう。

b48ad89a32b736ff16aaad96ed7f24ad_s

外国人の方に商品を販売すると非常に喜ばれる事があります。私は特別な事をしているつもりはないのですが、喜んでいただき商品をまた購入していただける場合があります。

喜んでいただいた理由を、海外の購入者さんから伺いました。

■メールの返信が速い
日本人同士の取引ならば、メールが来たらすぐに返信するのが当たり前です。土日をはさんでも、一週間も返信がないなど日本では考えられないと思います。しかし、海外とのメールのやり取りでは、一週間メールの返信がなく、忘れた頃に返信がくる場合も多々あります。

そのため外国人の方からすると、すぐに返信が来るのは驚くようです。メールの返信が速い事は、購入する際の不安を和らげてくれる効果もあります。

■商品の梱包が丁寧
日本国内の発送とは違い、海外では商品を荒く扱われてしまう場合があります。そのため、海外の発送業者が商品を万が一放り投げても壊れないよう、慎重に商品を梱包します。

海外の方に商品が届き、箱を開けると梱包の丁寧さに喜んでいただけます。梱包で特別な事はしていません。梱包用のプチプチと新聞紙を使って梱包しています。オススメとして、お礼の手紙を中に入れておくと一段と喜んでいただけます。

■ホームページ掲載写真どおりの商品が届く
ホームページに掲載されている写真どおりの商品が届くのは日本では当たり前。写真と違う商品が届く事など考えられませんが、海外では少なからずあります。

そのため「掲載写真の商品を送りますよ」とアピールする意味を込め、ホームページには「商品の写真を増やす」「商品の詳細情報を掲載する」ようにします。オススメは、手間はかかりますが動画を使用して商品の状態を伝える方法です。


上記内容は日本国内の取引では、当たり前の事で何を今さら書いているのかと思うかもしれません。ですが、日本の当たり前が世界で当たり前とは限りません。「日本人のちょっとした気遣い」が輸出を行う上で有利に働きます。

海外との取引を難しく考えすぎず、輸出を行っていきましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >