大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件 問20:人前で意識してやっていることがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
問題解決コンサルタントの大谷更生です。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは

20)人前で意識してやっていることがある


あなたは自分自身が周りからどう見られているか、ご存じですか?

後悔しない起業家とこの質問がどう関係するのか?
あなたが仕事を依頼される場面を思い浮かべると、ピンとくるかもしれません。

あなたのことをITに詳しそうだと相手が見ていたら、ホームページ作成やメールマガジン発行、ブログを有効活用するアイデアなど、IT系の仕事を頼まれるかもしれません。
あなたが人間関係の問題に精通していると相手が見ていたら、人間関係に困ったとき、どうしたら問題を解消できるかのアドバイスを依頼されるかもしれません。あなたが自分の問題を解決してくれる専門家を知っていそうだと相手が見ていたら、ピッタリな専門家を紹介することで対価をいただけるかもしれません。

ojigi

「この人ならしっかりやってくれそう」
「この人なら期待に応えてくれそう」
「この人なら任せて安心」
などなど…。

あなたが周りからどう見られているかは、あなたのところに仕事の依頼が来るかどうかの大きな分かれ目、起業家として活動し続けるための生命線でもあります。


では、どうやったら自分が周りからどう見られているかを知ることができるか?
オススメな方法は相手に質問する。
お客さまや取引先の担当者、上司や同僚や部下など、気軽に答えてくれそうな相手に、こう質問してみてください。
「私って、ひとことで言うと、どんな人間ですか?」

question

相手からの答えで一番大事なのは、最初のひとこと。
直感で答えてくれた最初のひとことに、相手があなたをどう見ているかが素直に表現されています。

答えを知ることができたら、あとはシンプル。
あなたが見られたい姿と相手が持っている印象とのギャップを、ひとつずつ解消していってください。

スマートに見られたければ、言葉遣いを丁寧にしたり、服装をジャケットとシャツを組み合わせてフォーマルな感じにしたり、待ち合わせをホテルのラウンジにしたりする。
フレンドリーに見られたければ、相手との会話の中にプライベートな話題を織り交ぜたり、かわいい小物を身につけたり、待ち合わせをペアシートがあるカフェにしたりする。

どう見られたいかを意識しながら振る舞うことで、あなたが見られたい姿と相手が持っている印象のギャップがだんだんと小さくなるはずです。

あなたは、自分がどう見られたいかを意識しながら振る舞うことで、なりたい自分に近づくことができます。


本日の問い>>
あなたは相手からどう見られたいですか?


次回もお楽しみに…。


次回のテーマ:
21)決めた目標は全力で取り組むことができる


参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4756915485/
3notkoukai

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >