大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件|【問24】「素直だね」とよく言われる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。
問題解決コンサルタントの大谷更生です。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは
24)「素直だね」とよく言われる


 

目指す結果を最短で出すために必要なもの

 

起業家が目指す結果を最短で出すために何が必要か、あなたはご存じでしょうか?

ガッツポーズ

  • 知識
  • 専門性
  • プレゼンテーション力
  • 端麗な容姿
  • ビジネスマナー
  • 清潔さ
  • 笑顔
  • 気配り

などなど…
どれも間違いではありませんが、私の答えはこの中にはありません。

私の答えは“素直さ”

素直な人は、相手から「こうしたほうがいいんじゃない」と言われたら
「わかりました」と言って、すぐに実行します。

相手が言ったことが好意からのアドバイスでも悪意に満ちた批判でも関係ありません。
素直な人は『みんな自分のためを思って言ってくれている』
そう信じて疑わないので、言われたことは全てすぐ実行!

結果として回り道をすることなく、目指す結果に最短で到達することができるのです。

 

言い訳を封印する

 

ではどうやったら“「素直だね」とよく言われる”の「いいえ」を「はい」に変えることができるか。
オススメの方法は“言い訳を封印する”

言い訳とは、責任が自分以外にあることを主張する言葉。

  • 「想定外」
  • 「●●のせいで」
  • 「▲▲の作業が遅れたために…」

などの言い訳を発することによって、あなたの仕事に対する責任感のなさが結果的に相手に伝わってしまいます。
そんなあなたに、お客さまは重要な仕事を依頼するでしょうか?

また、素直でない人は「こうしたほうがいいんじゃない」と言われても

  • 「えー」
  • 「でも」
  • 「だって」

のあとで、必ずできない理由を語り始めます。

「あいつは何を言っても聞かない」
あなたのことを心配してアドバイスしてくれた相手にそう思われてしまったら、その人はもう二度とアドバイスをしてくれることはないでしょう。

素直でない人は、このようにして目指す結果に最短で到達する可能性を自らの手で潰してしまうのです。

 

言い訳でなく提案をする

 

私は困難に直面したときの対処方法として、心に決めていることがあります。

提案している風景「言い訳でなく提案をする」


提案と言っても大層なことをする必要はありません。
目の前の問題が解決に向かうために、考えに考え抜いて導き出した、いま自分ができる精一杯のことを相手に伝えてください。
そして相手に伝えたことを確実に実行する。

これを繰り返すことで、必ず問題は解決の方向に一歩ずつ近づいていきます。
あなたは“「素直だね」とよく言われる”おかげで、目指す結果に最短で到達することができます。

 

本日の問い>>
あなたが素直になれないのは、どんな時ですか?

次回もお楽しみに…。


次回のテーマ:
25)ものごとを思いのままに動かすことができる

参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
書籍タイトル「3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと」

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >