佐藤 公和 
 佐藤 公和
 (kimikazusato)

プロコーチの起業日記|【第21回】状態回復のきっかけは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさま、こんにちは。
“応援のチカラ”の佐藤です。

「ちょいタノ独立・起業」Gufoでは、会社員だった2009年6月(4年前)に独立起業を決意し、現在プロコーチとして活動するに至った私自身の経験をお伝えしています。


 

会社に依存しないための第一歩。状態回復。


河川病院でうつと診断され、薬の治療を始める一方で、コーチのアドバイスを受けながら、状態の回復を進めていくことになりました。

コーチからのすすめで、病院に行った直後にすぐ、次回のセッションをしましょうということになり・・・
そのセッションでは、状態回復のためにある“工夫”をしようということになりました。

その工夫”とは?

まず、
「自然と触れ合う時間を定期的に持つようにする」ということでした。

(コーチ)
「佐藤さん、確か自宅近くに多摩川がありましたよね。」

(私)
「はい、歩くと30分くらいかかりますが、車なら10分かからないくらいの距離です。」

(コーチ)
「いいですね。まずは、河川敷を散歩しに行ってみましょう。水の流れには、癒しの効果があると言われていて、川を見ながらゆっくり歩くだけでも気分が変わってきますよ。」

(佐藤)
「わかりました。やってみます。」

 

いままでの起業準備中にはなかった高揚感


続いて、別のアドバイスもいただきました。

(コーチ)
「あと、これまで起業準備を優先していて、やりたいのに後回しにしていたことはありますか?」

(佐藤)
「そうですね、まず休日や平日夜に家族と過ごす時間を取りたかったのに、後回しにしていたように思います。また、以前読みたかった本を読むことも後回しにしていました。」

(コーチ)
「いいですね。それでは、まず休日に家族とゆっくり過ごす時間を取ってみてください。読みたかった本はどんな本ですか?」

(私)
「中日ドラゴンズのファンなので、中日のOB選手の本を読みたいと思って、今中慎二さんや川相昌弘さんなどの本を買ってありますが、そのままになっています。」

(コーチ)
「そうですか、では、その本も休みの日にじっくり読んでみてください。」

(コーチ)
「状態を回復させるためのポイントは、ゆっくり休むことと、やりたかったけど後回しにしていたことをやっていくことです。そして、それを焦らずじっくり取り組むことです。仕事もできるだけセーブしてやっていきましょう。もし、途中で気になることがあったら、遠慮せずにいつでも電話してきてくださいね。」


道の先に広がる大空病院に行った直後のコーチとのセッションで、こんなやり取りをしました。

でも、・・・ 

「水の流れを見るだけで癒しの効果があるのか・・・」
「本当に癒しの効果があるのかな?」
「でも、うつの経験者であるコーチのアドバイスだし、まずは一度多摩川へ行ってみよう。」

次の日曜日の朝、10時頃に車で多摩川の河川敷へ向かいました。
河川敷から少し離れた駐車場へ車を止めて、河川敷に向かって歩いていき、河川敷の前にある道路(多摩沿線道路)を渡るちょっと前だったと思います。

自分の中で、ふつふつと高揚感”を感じました。
その高揚感”とは?

 

次回は、その高揚感”についてお伝えしていきます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >