阪井裕樹 
 阪井裕樹
 (hirokisakai)

働き方が二極化する中でのサバイバル術|1円稼ぐと見える世界が変わるって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんこんにちは!
『1円起業コンサルタント』の阪井裕樹です。
今回もよろしくお願い致します。
今日は、会社に依存しないはたらき方を目指す人には欠かせない【これからの働き方】のお話。


サバイバル時代を生き抜くための働き方


ボク達は今まさに、これまでの働き方が通用しない中で、自身のキャリアを構築し、生き抜いていかなくてはいけない、そんな時代に生きています。
そんなサバイバル時代を生き抜くための働き方とは?

道路が二方向に分かれる標識これからの時代の仕事は、2極化する。

現在円安が進み、日本からの輸出が増え、企業の業績が回復しつつあります。
でも、この状態、このままいくのか、それとも後戻りするのか、まだまだ不安定な状況でもあります。

大きい枠組みの中でのお話は、専門家の方にお任せするとして、今回は『働き方』について、グローバルな視点から書いていきたいと思います。

あまり実感がないかもしれませんが、ボク達が働いている職業、これはどれも世界との競争の中にあります。中国やベトナムなど、安い労働力に押され、日本人の職が失われている、というのはよく聞きますよね。

今後はますます、この傾向が強くなり、いわゆる “誰でもできる” 職業に就いている人は、職を失う可能性が非常に高くなります。
サラリーマンとして働いていても、いきなりリストラに合う場合も増えてくるでしょう。
もしあなたが、自身の収入源がサラリーマンの給料ひとつのみであれば、いきなり収入を無くしてしまう可能性が非常に高まっています。

そんな中、生き残っていくためにボクたちがすべきこと、それが “あなたにしかできない” 職業に就けばいい、ということです。
こう聞くと、“あなたにしかできない職業” は、専門的な技術や知識を持った職業、という想像をしがちですが、実は違います。

 

会社に依存しないで、自身の強みを価値化して働く


今現在、日本最高峰の資格である弁護士や医師、会計士においても仕事がなく、弁護士においては、約2割が年収100万円以下、という統計結果もでている通り、もはや従来の働き方(=資格を取れば安心)は、通用しなくなっています

しかも、加えて国際的な競争にさらされている状況においては、ますます今までの働き方が通用しなくなってきている、ということが分かります。
では、どのような働き方がいいのか。

それは “会社に依存せず、自身の強みを価値化して働くこと” に尽きます。

人は必ず自分にしか語ることの出来ないバックグラウンドを持っています。
そして、何かの悩みや問題を解決した経験を必ず持っています。
その経験を、まさに今同じ問題に悩んでいる人に提供することができれば、相手の問題を解決することができます。

これにより、あなたはコンサルタントとして活動することができるのです。
更に自身の強みを価値化して働いていると、自然と自分のまわりに「コミュニティ」が出来上がっていきます。
そして、そのコミュニティに対して自分が提供できるものを提供していく。
そんな働き方がこれからもっともっと増えていきます。

20世紀の働き方が団体戦なら、21世紀はコミュニティの時代です。
一人一人がコンサルタントとして活動していく、そんな時代です。
これからのサバイバル時代を生き抜くために、あなたもコンサルタントとして強みを活かして働いてみませんか??
必ずあなたのキャリア構築に役立ちますよ。


では、今回は以上です。
最後までありがとうございました!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >