複業起業家 hide 
 複業起業家 hide
 (fukugyokigyoukahide)

場作りのための場作りは禁物!複業であっても必要不可欠なバックコンテンツへの意識|【第11回】複業サラリーマンの起業奮闘記

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。複業起業家hideです。
私は、複業起業であってもバックエンドコンテンツへの意識は必要不可欠だと考えています。


ブランディングとバックエンドコンテンツ


Money私は、コーチやコンサルタント、カウンセラーなど、「形のない」商品を売りにする方のコーチングやコンサルティングをすることが多くあります。

こういう方々は、常にバックエンドコンテンツ、つまり、自分の商品をいかに売るかに意識が傾くので、それ以前の自己ブランド化の必要性を伝えるケースが多いです。

一方で、起業家予備軍と呼ばれる人達には、自己ブランド化とバックエンドコンテンツ作りの両方が必要です。

ここで、自分の好きなことや得意なことで何かをやりたいと考える人達は、ほとんどの場合、自己ブランド作り→バックエンドコンテンツ作りという流れを取ります。
特に、私の関わっている人達を見ている限り、この傾向が強いように思います。

この際、入り口となる自己ブランド作りの一環で、フロントエンドコンテンツ となるものを用意することも考えます。
これは、交流会だったり、勉強会だったり、或いは、セミナーだったり、人によって様々な形を取ります。

これによって、自分自身や自分の起業としてやろうとすることを、多くの人に知ってもらう場を作るのが目的です。

 

フロントエンドの落とし穴


ビジネスを体系化する独立起業家ところが、この際にバックエンドコンテンツへの意識が低くなってしまうことがあります。
フロントエンドコンテンツの場作りや集客が上手く回ると、そこである程度の収益も手応えも出て来ます。

そうなると、楽しくなってくるので、意識がそちらに傾いて行きがちです。
しかも、複業起業だと、これでも十分な成果と言えるので、そこに満足してしまうこともありえます。
ですので、逆に、そのフロントエンドコンテンツが機能しなくなった時 が問題になります。

集客が上手く行かなくなった…
なかなか、次の展開に繋がらない…

そういう人達は、フロントエンドコンテンツが上手く行くために、どうしたらいいか?と考えて行動を起こし始めます。

実は、ここが落とし穴 です。
ここにハマる傾向は、自分のバックエンドコンテンツがハッキリしていない人達に多く見受けられます。

フロントエンドコンテンツは、飽くまでも、バックエンドコンテンツに繋げるための手段 の一つ。
目的と手段が、いつの間にか、すり替わってしまうのです。

私は、起業家予備軍と呼ばれる人達を相手にする際は、最初から、必ず、このことを強調します。それでも、今という視点に意識が縛られてしまうと、そういう落とし穴に落ちてしまうのです。

今を中心に考えるのではなく、本来の目的から逆算して考える意識の転換が必要です。
よって、これに対する最初の処方箋は、目的の再認識、つまり、明確なバックエンドコンテンツの確立。
このようなケースを目にするたびに、複業起業だからこそ、目的意識が、より一層、大切になると再認識させられるのです。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >