武井 由美子 
 武井 由美子
 (yumikotakei)

会社に依存しない人のPR活用講座【第12回】プレスリリース上達法

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。PRコンサルタントの武井由美子です。 
今回は私のプレスリリース上達法についてお話します。

他社のプレスリリースを真似して書く 

 

はじめてプレスリリースを書く人に、
いきなり「書いてみましょう!」と言っても、
そもそもプレスリリースを見たことがなければ難しいと思います。
そこで、ぜひ参考にしてほしいのが他社のプレスリリース。

GN178_L
「そんなのどこにあるの?」と思ったあなた。
会社名、プレスリリース
」で検索すれば、山ほど出てきます。
とくに大手企業の新商品やイベントのプレスリリースは
PR会社や広報部の担当者が書いているので、まさにセオリー通り。
見本のプレスリリースとしては最適です。

また新聞や雑誌で気になった記事も、
元をたどるとプレスリリースということが多いので、
記事のキーワード、会社名、プレスリリース」で検索してもいいですね。
自分が伝えたい内容に近いリリースなら、
他業界のものでも参考になります。

もちろん、目標としている会社やライバル会社のプレスリリースを
参考にしてもいいでしょう。

とりあえず、他社サイトからゲットしたプレスリリースをベースに、
社名・商品名・スペックなどを書き換えてみると、
それらしい体裁になっているはず。

これに、消費者に伝えたいメッセージやストーリーを書き込んでいけば、
立派なプレスリリースの完成です。

「それってパクリじゃないの?」と思うかもしれませんが、
最初のうちは、これで十分。悩むより書く!どんどん書く!を実践して、
とにかくプレスリリースに慣れるのが大事。

私自身もPR会社に入りたての頃は、
先輩のプレスリリースを見よう見まねで書いていました。
どんどん真似して書いているうちに、書くべきことも分かるようになるし、
自分のスタイルも確立されてきます。

出来の良いリリースを真似することが、
一番手っ取り早いプレスリリース上達法じゃないかと思います。


ご参考までに、岐阜県の美濃焼の窯元「カネコ小兵製陶所」の
プレスリリースをご紹介します。

こちらは、窯元の社長が「茶碗でダイエットができたらいいね」
という妻の一言をきっかけに、「100キロカロリー茶碗」を開発。
商品を広めるために、初めてプレスリリースを作成し
多くのメディアに紹介されたそうです。


とても良いリリースなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
http://www.ko-hyo.com/press01.html

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >