佐藤 公和 
 佐藤 公和
 (kimikazusato)

プロコーチの起業日記|【第25回】ブレークスルーで本来の自分を取り戻す

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさま、こんにちは。
“応援のチカラ” の佐藤です。

「ちょいタノ独立・起業」Gufoでは、会社員だった2009年6月(4年前)に独立起業を決意し、現在プロコーチとして活動するに至った私自身の経験をお伝えしています。


起業準備にまで効果が及んだブレークスルーとは


自分をよく見せたい、よく見られたいという思考のクセが、自分を苦しめていたことに気づいて、ブレークスルーが起こりました。

次に、どんな考え方をすれば、自分を前へ進めることができるのか、について向き合うことにしました。
そこでも、ブレークスルーが起きたのです。

そのブレークスルー(その2)とは?
「無理をしないで、今自分のできることに集中しよう」
そう考えることにしたのです。

起業を決意する前は、一生懸命仕事をしていましたし、結果を出していたので、会社での私の期待値が大きいものがありました。
「佐藤は、こんなもんじゃない。もっとできる。」
その期待と現実とのギャップで、私への風当たりが強かったのですが、
 「その期待に応えられない自分もありのまま受け止めよう」
 「その結果、会社での人間関係がギスギスしてしまっていることもありのまま受け止めよう」
そう考えることにしました。

そして、
「でも、会社で仕事をして給料をいただいている以上、定時内で今自分のできることに集中しよう。」
そう考えることで、会社の中で背伸びすることをやめることができました。

 「会社の席替えで末席になっても気にしない。」
「上司や同僚、取引先からなにを言われても気にしない。」

とにかく、今、自分の与えられた役割の中でできることをすることに専念しました。そういう考え方で会社での時間を過ごしていたら、以前より格段に気持ちが楽になりました。
その効果は、起業準備の方でも目に見える形ではっきり出てきたのです。

その効果とは?


次回は、効果” についてお伝えしていきます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >