和久学 
 和久学
 (manabuwaku)

レディ・グーフォが聴く!会社に依存しない人の生態調査「榎本 あつしさん(2)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レディ・グーフォ私の名前は「レディー・グーフォ」。

未来からきたフクロウ型ロボットよ。

この星に存在する“会社に依存しないはたらき方” をしてるってヤツラのことを調べに未来から来たの。

会社に依存しない人 たちが、日々何を考え行動し、どんな課題にぶつかっているのか

そんなリアルな生態を調査して、未来に持って帰りたいの。


 

前回に引き続き調査に協力してくれたのは、ルールブック作成コンサルタント、
オフィスネアルコ代表の榎本 あつし(えのもと あつし)さんよ!

榎本さんにいろいろ話を聞きながら、未来を変えるヒントを持って帰るわ!
榎本さん、よろしくお願いね!


10422688_837812742913770_1517025207_o

 

 グーフォ

それじゃあ引き続きお話をお伺いしていくわ!

 

10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

よろしくお願いします。

 

 グーフォ

榎本さんは起業してから今までで一番苦労したことってなにかしら。

 

10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

苦労したことですか?そうですね、やっぱり起業した直後ですね。
お金も顧客もない状態だったので大変でしたよ。
しかも子どもが生まれた時期と重なったので、子どもが生まれたのに
仕事がない、という状況でした。

 

 グーフォ

そんなタイミングでよく起業しようと思ったわね。
普通はもう少し資金がたまってからとか、人脈を作ってからとか、
そんなことを考えそうなのに。

 

10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

それでも起業に踏み切ったのは、周囲の独立した人と組織にいる人を
それぞれ比べてみた時に、成長の度合いが全然違ったんです。
独立した人の方が圧倒的に成長していたんですね。

自分で何でもやった方が、組織で勉強するよりも経験や知識の積み重ねが
全然違うと。

ですから単純に、早く起業しないとまずいと思ってました。
でなければ、どんどん差を広げられるのではないかと感じていましたね。

 

 グーフォ

焦りみたいなものがあったってことかしら。



10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

そうかもしれませんね。
しかししばらくは本当にお金がなく・・・
妻に生活費を渡していたのですが、今月はこれだけでいい?
という時期はありました。

でも起業してよかったと今は思っていますし、
もっと早くしておけばよかったとさえ思います。

修行という意味で組織で働いていたことがあったのですが、
その時の経験は決して無駄とまでは言いませんが・・・
回り道したかなあと感じますね。



 グーフォ

起業は早くすることにこしたことはない?



10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

やれるなら早くした方がいいです。
知識を身につけてから、とか、自信がないから、とかであれば、
もう早く起業した方がいいと思いますね。



 グーフォ

起業することで成長できるスピードが圧倒的ということはわかったけど、
そこまで勧めるということは、それ以外にも何かメリットがありそうよね。



10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

そうですね、独立してよかったと思うのは・・・
時間の裁量がある、ということです。

正直今は自由人です(笑)
もう好き勝手やってますよ。

やりたい時にやってやりたくない時にはやらないって生活です。

私は自分と家族が楽しければいいかなと思ってやっています。
生活が厳しくなったらがんばるし、という感じです。

社会保険労務士になったとも、社会保険に興味があったわけでもなく、
組織をよくすることに使命感があったわけでもありません。
自分で取れる資格で、独立できるものは何かと考えて取りました。

当時やっていた仕事をずっとやっていくのはイヤだなあと思ったことも
独立しようと思った理由のひとつです。



 グーフォ

へー、意外な理由ね。
今までいろんな起業家の話を聞いてきたけど、自分が成し遂げたいことがあるとか、
業界を変えたいとか、そういう理由が多かったんだけど、今の仕事がイヤだからって
独立を考えたっていうのはある意味斬新ね。



10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

現状がイヤだから独立する、という人は現実には多いと思います。
でもやっていく内に、やっててよかったというのはあるし、
適当にやったらダメだよな、というのは出てきます。
そういうのは後から出てくるものだと思いますね。

全員が全員、使命感に燃えているって人ばかりではないでしょう。
最初のキッカケはネガティブなものでも、後からそういうものが
見つかった、という人も多いはずです。



 グーフォ

なるほど、確かにそういうことはあるかもしれないわね。
後から見つかった使命だとしても、自分はその使命を持って起業しましたって
聞かれたら答える人も多そうよね。



10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

大事なのは、成功した人の言葉をこれからやっていく人は信じて行動する
ということです。
起業する人がそれだけを真実だと思ってしまうのは問題に思います。

本当にやりたいことをやって独立した人は幸せだと思いますが、
そういう起業をしていない私でも充分幸せだということは
伝えていきたいですね。



 グーフォ

別の角度から起業を考えてもいいってことよね。



10422688_837812742913770_1517025207_o 榎本 あつし

特段、高尚なものはなくとも楽しいですよ。
現実がイヤで独立しましたが、仕事は楽しいですし、幸せになりますよ、
と伝えていきたいですね。

もし仕事が楽しくなくとも、人生は楽しんでいます。
そっちを選択した独立の仕方もありなのではないでしょうか。

現実問題、何かを取れば何かを捨てることになります。
仕事を楽しむことと、そうじゃない時に得られるものと、
私の場合はそうじゃない時に得られるものを選択して生きています。

みんなが仕事に全力投球で、それで起業している人ばかりではありません。
仕事自体がおもしろくなくても、それを通して得られるフィードバックに
充実を感じることは充分ありますよ。



 グーフォ

榎本さん、貴重なお話だったわ!
今日はありがとう!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >