複業起業家 hide 
 複業起業家 hide
 (fukugyokigyoukahide)

ジレンマだけじゃない!複業起業家ならではの利点とは?|【第18回】複業サラリーマンの起業奮闘記

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。
複業起業家hideです。


デスク上のノートとペン普段、このコラムの中では、勤め人複業ならではのジレンマについて書くことが多いですが、今回は、逆の利点についてクローズアップして書いてみたいと思います。

私自身、利点というのも幾つか感じていますが、何と言っても、テストマーケティングがしやすいということが最大の利点だと思います。

テストマーケティングがしやすいということは、失敗経験をするリスクを取りやすいということを意味します。
経済や生活上の理由で後がない状況では、なかなか、テストマーケティングはしづらいかと思います。

この辺は、安定収入や福利厚生が土台としてある勤め人は、過ぎたる資金投入等をしない限り、心配する必要がありません。

 


階段を駆け上がるビジネスマン複業起業を始めてみて、つくづく思うことですが、今の状況で思う存分、自分のアイデアを試すことが出来るというのは、本当に恵まれています。

私は、独立を勧めてくる人にほとんど会ったことがありませんが、さもありなんと思います。
テストマーケティングは、事業の立ち上げや発展に欠かせませんが、それ以上に、テストマーケティングが出来る生活状況を維持することは、もっと大事なことなのです。

違う言い方をすると、ここから独立するかどうかを判断する基準の一つが見えてきます。
つまり、自分の生活に必要な支出や福利厚生を勤め先からの収入に頼らず、安定的に確保出来るかどうかです。

だからこそ、様々な収入源となるチャネルを探すことを目指すのであれば、テストマーケティングに有利な勤め人の立場は、非常に有利だと思うのです。

もしも、自分の勤め人としての仕事や家庭状況が許すのであれば、果敢に、自分の考えているアイデアを試すことをお勧め致します。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >