和久学 
 和久学
 (manabuwaku)

レディ・グーフォが聴く!会社に依存しない人の生態調査「竹元 紳一郎さん(2)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レディ・グーフォ私の名前は「レディー・グーフォ」。

未来からきたフクロウ型ロボットよ。

この星に存在する“会社に依存しないはたらき方” をしてるってヤツラのことを調べに未来から来たの。

会社に依存しない人 たちが、日々何を考え行動し、どんな課題にぶつかっているのか

そんなリアルな生態を調査して、未来に持って帰りたいの。


 

前回に引き続き調査に協力してくれたのは、
DreamBase,inc.代表の竹元 紳一郎(たけもと しんいちろう)さんよ!

竹元さんにいろいろ話を聞きながら、未来を変えるヒントを持って帰るわ!
竹元さん、よろしくお願いね!


プレゼン中001写真_o

 

 グーフォ

それじゃあ引き続きお話をお伺いしていくわ!

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

よろしくお願いします!

 

 グーフォ

実際にドリームベースを立ち上げてみて、
苦労したことや想定外だったことって何かあるかしら?

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

そうですね、正直想定外だらけでして・・・
想定通りいったことなんてほとんどないんですが、
やっぱりなかなか人が集まらなかったことですね。

 

 グーフォ

集客面ね。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

自分がイメージしていた通りには事は運びませんでした。
一応計画はあったんですけれど、その通りにはいかないですよね。

あとこれはまったく想定していないというか、
考えもしなかったんですが・・・

自分自身のやる気ですね。
これが急速になくなっていったことです。

 

 グーフォ

やる気がなくなっちゃったってこと?

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

自分で起業したいって決めて、それで会社を辞めたのに、
やる気がなくなってしまったんです。

 

 グーフォ

それはまた、一体どうして?
何があったのかしら。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

会社を辞める直前に、たまっていた有給休暇を消化していたんですが、
これがいけなかったです。

休んでいる間、まず朝起きなくなってしまって。
お昼過ぎに起きてきて、テレビちょっと見て、
夜にちょこっとブログを更新するみたいな、そんな生活を
おくってました。

生活のリズムが狂ってしまったんですよね。

計画ではこの有給の期間でお客さんを何人か捕まえている
はずだったんですが、そんな生活をしてたわけですから、
そんなこと起こるはずもない。

自分のやる気をどんどんコントロールできなくなってました。
これは本当に想定外でしたし、自分でもびっくりするくらい、
やる気なくなりましたね。

 

 グーフォ

なんだかわかるような気がするわね。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

当時はやったことがすぐに成果につながるってことではなかったですし。
やることっていうと、まず見込み客を作るところからなので、
もしそれができたとしても成果につながるわけではないですよね。

成果が出るまでのステップがとても遠かったので、
これ、やってて意味あるのかな、情報発信しても誰が見てるのかな、
どうせ見ていないだろう、だからやる気がでない、という
悪循環に陥ってましたね。

 

 グーフォ

そこをどうやって乗り越えたのかしら。
相当大変だったと思うんだけど。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

やる気がない中でも、人に会うということだけは辞めなかったんですよ。
同じ起業仲間であったり、メンターであったり、そういう人たちとは
積極的に会うようにしていました。

そして会った時に自分の現状を洗いざらい話す、ということをしてましたね。
めちゃくちゃ言いにくかったんですけど、そこは隠し事なしで。
やりたい気持ちはあるんですが、何もできないんです!みたいな。

 

 グーフォ

そこで周囲から喝を入れられる、みたいな感じかしら。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

そうですね(笑)

喝もそうですけど、やっぱりそこに行くと、
みんながんばっているわけで、そこから刺激をもらって、
そういうことで私はその現状からなんとか抜け出す事ができました。

言うなれば、インプットではなくアウトプットに目を向けたんです。
自分から発信する、現状を話す、ということです。

当然レスポンスが返ってくるような場でアウトプットすることが
大事です。やっぱり対面ですね。人に話すこと。
そこに目を向けて行動するようにしていました。

 

 グーフォ

でも、そういう人と話す場ってどうやって見つけたらいいのかしら。
当然レスポンスを得るためには、相手が必要でしょ?

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

私はよく異業種交流会に行って、初めて会った人に名刺交換をした瞬間から
自分のビジネスの話をガンガンする、みたいなことはやってましたが・・・

あと、飲み屋さんによく行ってましたよ。

 

 グーフォ

飲み屋?
飲み屋へ行って、一体どうするの?

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

カウンターバーみたいなところですが、
そこによくひとりで行ってました。

そこでバーテンダーと話したり、隣に座っている人に対して
ドリームベースのプレゼンをする、みたいなことをやってましたね。

 

 グーフォ

これまたすごいことやってたのね!

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

1週間に10人にドリームベースについて伝える、ということを
していまして、最初は友達に話していましたが、さすがに友達も
いつまでも聞いてくれるわけではありません。

気がついたら知らない人にも話すようになってましたね。

都心のバーに行くと、意外と会社の役員の人とかがいるんです。
そこで話をすると、おもしろいアイデアをもらえることがあったり、
「君おもしろいね」って言ってくれたり、そういう経験をすることが
できるんですよ。

そこでよく言われたのが、あなたがやろうとしていることを求めている人は
きっと世の中にたくさんいるから、どんどん情報発信してくべきだ、ということ
でした。

そう言われると、自信も蘇ってきて、情報の発信も徐々にするように
なってきましたね。

 グーフォ

なかなかそれをやろうって人、思いついても実際に
行動に移せる人って少ないと思うけど、けれどやっぱり、
それくらいのことをやっていかないといけないと思うし、
何よりそれって伝説として語り継がれる程のエピソードだと
思うわ。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

そうですかね(笑)
でもショットバーでプレゼン、結構オススメですよ!

何故ならショットバーって年齢が関係ないんですよね。
完全に同じ土俵で話せます。

もちろん盛り上がって終わりではなくて、そこから実際に話を
進めて、次に会った時に話すんです。

おお、本気だったのかってなるでんすけど、
じゃあスケジュールの調整して自分も参加しようかなと
言ってくれて、みんなでひとつのことに向かって動き出す。
そういうのが楽しいですよね!

 

 グーフォ

最後に、これから起業しようと思っている人や、
起業したての人に何かアドバイスってあるかしら?

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

やっぱり行動しようってことです。
思っているのと行動することはまったく別の事ですから。

じゃあ何に向かって行動するべきか。
私はまず仲間を見つけました。

ビジネスを作りたいと思っている人が集まるコミュニティ。
そこに一歩足を踏み入れてみる、ということをしました。

そういう自分が知らない世界に足を踏み入れるって、
色んな気付きがあるんですよ。

世の中にはこんな世界があるんだ、こんな人がいるんだ。
会社辞めて起業したいって思う自分は、何も特異な存在って
わけじゃなかったんだ。

一度それを知る事ができれば、次の行動につながっていきやすいんです。

 グーフォ

一度知る事で、それが自分の中で当たり前になるものね。

 

プレゼン中001写真_o 竹元 紳一郎

その一歩を踏み出すのは、自分しかできないんです。
こうなりたいと思うものがあれば、同じように考えている人たちが
集まっているところへ一歩踏み出す。
そういう行動をすると良いと思います。

まずは仲間探しから行動してみてはいかがでしょうか。

 

 グーフォ

竹元さん、今日はお忙しいところありがとう。
とってもいいレポートになりそうだわ!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >