大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件|【問36】自分の勝ちパターンを知っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。
問題整理の専門家、問題解決コンサルタントの大谷更生です。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは
36)自分の勝ちパターンを知っている


起業家に必要な“勝ちパターン”に欠かせない条件


あなたは自分の勝ちパターンを知っていますか?

一人ひとり性格が違うように、勝ちパターンも人それぞれ。
ただし、勝ちパターンと言えるために一つだけ欠かせない条件があります。
それは『再現性』があること。
言い換えると、品質保証です。

あるときはすごく上手くいったけど、別のタイミングでやったら全然ダメ。
その時々で結果に大きなバラつきが出てしまうようでは、勝ちパターンとは言えません。

では、どうやったら再現性の高い勝ちパターンを見つけることができるか?
一番おススメなのが『成功体験棚卸』

ステップ1:成功体験を書き出す

ステップ2:共通点を見つける

ステップ3:掛け合わせる


3ステップで取り組んでみましょう。

 

起業家に必須の成功体験棚卸3ステップ


メモ用紙ステップ1:成功体験を書き出す
まず紙とボールペンを用意してください。
これから時間を5分さしあげます。
今までの人生を振り返って、あなたが「これは成功体験だ」と思えるものを全て書き出してみましょう。

どんなささいなことでも構いません。
例えば私でしたら…

1)小学生のとき、そろばんの新潟県大会で優勝した

2)高一の秋に360人中220番から第一志望の有名私立大学に現役合格できた

3)仕送りをもらうことなく大学卒業まで過ごすことができた

4)野生のイルカと一緒に泳げた

5)ギリギリのタイミングで2つの障害をクリアしてスケジュールどおりシステムをリリースできた

6)準備2カ月で合格率9.8%の情報処理技術者試験(システムアナリスト)に一発合格できた

7)30人以上の前で90分間話すことができた

8)魚をさばけるようになった

9)知名度も実績もない会社員の身分で著書を出版できた

10)ライブハウスのステージで唄うことができた

11)専門外のテーマで2冊目の著書を出版できた

12)2冊目の著書が韓国語で翻訳出版された

 

ステップ2:共通点を見つける
全部書き終えたら、書き出した成功体験の共通点を探してみましょう。
私の場合、共通点は3つ。

  1. 万全な事前準備…1)、2)、6)、7)、10)
  2. 新しいチャレンジ…4)、8)、9)、11)、12)
  3. 背水の陣を敷く…3)、5)

 

ステップ3:掛け合わせる
ステップ2で見つけた共通点を掛け合わせてみましょう。
そこから生まれた私の勝ちパターン↓

 新しいチャレンジ × 万全な事前準備 × 背水の陣を敷く

ロッククライミングする人勝ちパターンができたら、次は勝ちパターンの検証です。
想定通り成果が出るか、できるだけ早く試して確認してください。

すぐに期待通りの成果が出なくても大丈夫!
あとは、なぜ結果が出なかったかの原因を突き止めて、期待通りの成果が出るまでパターンを修正し続けるだけです。
修正し続けることでパターンの精度が上がり、結果として再現性の高い勝ちパターンに仕上がるはずです。

あなたは自分の勝ちパターンを手に入れることで、どんなときでも期待する結果を出すことができます。


本日の問い>>
あなたはどんな勝ちパターンを持っていますか?

次回もお楽しみに…。


次回のテーマ:
37)自分がどう見られたいかを一言でいえる

参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
書籍「3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと」

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >