竹元紳一郎 
 竹元紳一郎
 (TakemotoShinichirou)

妻子ローン有り36歳が全く別分野で起業ナウ|【第11回】茅葺屋根の家の前で、竹を割って、自転車を台にして

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

竹で流しそうめんをつくっている様子こんにちは
DreamBase竹元です。

「起業準備の話も聞きたいけど、今何をしているのですか?」
そんな質問を良く頂くので、今回は最近のDreamBASEの活動について書きます。


『楽しさで、組織依存から自立した人生の主導権を取り戻す。そんな大人の為の秘密基地』
というのがDreamBASEのキャッチコピーです。

イベントのコンセプトは
『みんなで、一つのモノを作り上げる。』です。

朝活、セミナー、起業支援などをしています。
え、普通ですね…。
いえいえ、起業支援の一つ「ビジネスアイデア ブレスト会」は、
博報堂さんのビジネスアイデアコンテストに参加者全員でアイデアを出し合い、エントリーし、入賞賞金を狙っています。
その賞金を元に全員で飲みに行きます!

このイベントの狙いは、思い付きをアウトプットする事で、実現可能なビジネスアイデアにしていく過程を学んでほしいからです!


また、7月の終わりには、『ソーメンキャンプル』を開催しました。
竹やぶで竹を切りだしている様子

山梨県道志村で一泊のキャンプ。
竹を切り出して、割って、節をとって、S字型の流しソーメン台作成と

茅葺屋根の家

竹の節を取っている様子

竹を組合せて流し台をつくっている様子

スイカ割りと
BBQと
温泉と
恋バナ?をしました。

詳しくはブログに書いているので、ご興味ありましたら。
ご覧になってください。

最後にスイカ割をして、無事?終了。
終わった後に、みんなで温泉に行きました。

「なんで、こんな事やっているの?」
その答えは、楽しいから!!も、一番大きな要因ではありますが、
実は、この経験から学んでほしい事があるからです!(ココ大事です。)

ポイント:「出来ないかも?」から「どうしたら出来るだろう?」


誰かが「ミニ四駆のサーキットの宙返りのようなぐるっと回る流しソーメンをやる!」と言い出しました。
その時の周りの反応は様々でした。

「普通に出来ないでしょ」
「無理。」
「大変過ぎる。」
「結局できなくて終わる。残念な結果になると思うよ。」
「おもしろい」

でもここで「そうだよね、出来ないよね」と言った瞬間、その発想は、100%実現不可能になってしまうのです。
でも、そんなリスクを考えて安全な選択をするのは、つまらない!
せっかく思いついたのに、自ら可能性を消してしまうのです。

「こんな未来になりたい」と考えたら、リスクを考えてやらないのではなく、
「どうしたらやれるだろう?」と考える習慣を身に付けてもらいたいのです!!

行動こそが未来を切り開くと信じているからです。
ビジネスを立ち上げるときは、全員がそう考えているはずです。
人生の選択もそうです。
どんな大人になりたいか?10年後どうなっていたいか?
リスクを考えて現状維持を選択したら、10年後もその未来に近づく事はできません。


また、次回このようなイベント企画をしています。

【イベント案】
案1…ピザ作り、クリスマスツリーを作ってクリスマス会
案2…味覚狩り+料理+ハロウィン飾り作成
案3…世田谷辺りの畑から野菜果物をとってきて、ピザ生地から作る。
案4…自分たちで人生ゲームを作ろう!

まだまだ次回のイベント企画案を募集しています。
こんなアイデアどう?という方。
なんか面白そうだし参加したい!という方。
是非ご意見をください!


問い合わせ先:info@dreambase.jp

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >