竹元紳一郎 
 竹元紳一郎
 (TakemotoShinichirou)

妻子ローン有り36歳が全く別分野で起業ナウ|【第12回】初めて、給料以外でお金をもらった

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
DreamBase竹元です。

「1月4日、5日二日間のセミナー開きます!」
「自己探求を二日間かけて、じっくりやりましょう!このセミナーで“自分軸”を発見できます!」
「開始時間10時、終了時間18時です。」


鏡餅これは、初めて自分で企画したセミナーで、お金を頂いた時の宣伝文句です。(笑)

ビジネスを興したい人は、正月休みじっとしている事は出来ないのでは無いか?
動きたくてしょうがないはずだという推測の元、開催しました。
受講者が10人程度になったら、セミナー回せないかもしれないという不安や満足させられないかもしれないかもしれないと言う不安に突き動かされ、一生懸命準備しました。

正月早々、二日間14時間のセミナー(笑) なかなか無謀な企画でした。
来てくれた人は2人。良く来ましたね(笑)

初日は、電車が大幅に遅れ、参加者の一人が遅れるというハプニングもありましたが、なんとか二日間やり通しました。
自分で企画したセミナーを開催し、初めて給料以外でお金をもらいました。

料金は確か3000円。破格の値段設定ですね。
14時間…。初日は、昼休み以外休みなしで喋りました。
自己探求の事、心理学について、未来を創造すると言う事について、自分の考えをお伝えしました。
意外としゃべれた。
今考えると、良くやったなー。
この時があったから、今がある。

 

最初にやること

起業準備をしていく中で、最初にすることは、何のために起業をしたいか?
起業じゃなきゃいけないか?
自己探求します。

DreamBASEでは『自己の棚卸』というサービスをします。(ちょっと宣伝)
やりたい事を明確にします。
今度はやりたい事をどんな風にビジネス化していくか考え、競合分析したりブレストしたり…。

上に書いたのはすべて、頭の中の作業ですね。
もちろん頭の中だけでは起業できません。
妄想しているだけでお金をもらえるなんて事はありえません。

 

お金超えるべき壁

起業する人が必ず超えていかないといけないポイント。
頭の中のモノをアウトプットしてお金を稼ぐこと。

会社員の時の給与とは、別名義、サービス料でも、コンサルタント料でも、システム構築料でも、物販の商品価格でも、なんでも良いのです。
価値を感じる人に対して提供して、感謝の対価を頂く。

 

大事な事は見切り発車!!

色々書きましたが、「とりあえず稼いでみよう!」です。

①    「起業したい!」

②    どんな軸でやっていくか

③    ②がある程度明確になったら、「とりあえず稼いでみよう!」です。
大事な事は、『見切り発車』
会社の仕事だと、きっと怒られるけど
起業の場合は真逆です。未完成でも先に進むことが大事

 

見切り発車した結果、沢山の気づきをもらい事業の骨格を形成する事が出来る。
むしろ見切り発車しないと、いつまでも発車できないです。

子供に感謝されるお父さん何よりも嬉しかった事は、
参加してくださった方に「ありがとう」と言ってもらって、お金を頂けた事です。
「お金」とは、「感謝」が具現化したモノだと考えています。参加者にこんな声も頂きました。

「二日間のセミナーで、自分がなんとなく感じていた軸が明確になりました。」
「アウトプットする事で、疑問が明確になりました。」

目の前の人を幸せにして(少し大げさですが)
対価としてお金を頂く。そうやって生きていきたい!
その為に何をしよう?


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >