複業起業家 hide 
 複業起業家 hide
 (fukugyokigyoukahide)

複業サラリーマンの起業奮闘記【第21回】|多彩なアイデアとその実現力が鍵!収入源のポートフォリオ化の考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
複業起業家hideです。

前回の記事で、複業化のための収入源のポートフォリオ戦略をテーマに書きました。
今回は、そこをもう少し、掘り下げて考えてみたいと思います。


トライアンドエラーが複業起業のポートフォリオ戦略の鍵


戦略を考えているイメージ自分の好きなことや得意なことを活かして、ビジネスを始めたいというようなことを考える人には、やりたいけど、ネタがないという人か、これぞ!というものがあるか、どちらかのことが多いです。

ちなみに、私は前者のタイプだったため、いわゆる、「ネタ出し」で迷ったクチでした。

一方で、後者のタイプの方も、思い入れが強いせいか、絶対に失敗したくないという気持ちが先に立つことで慎重になり過ぎるきらいが出て、先に進めないことがあります。

ところが、現実は、やってみて上手く行かないことの方が圧倒的に多いわけで、だからこそ、トライアンドエラーを重ねることが必要であり、その重要性も、以前に、このコラムでも書かせていただきました。

実は、このトライアンドエラーこそが、ポートフォリオ戦略の鍵の一つだと、私は考えています。

幾つかのアイデアを試していくうちに、一つのネタからでも、複数の切り口でのやり方があることが分かってくるものです。


 

考えているビジネスマン例えば、コーチングやコンサルティングというネタがあったとして、それを活かしたコンテンツの創出は、無数に考えられるわけです。

例えば、マンツーマンのパーソナルセッションや、企業とのコンサルティング契約などは、通常のパターンであると思いますが、そこから派生して、コンテンツを活かした講師としての活動や、セミナーDVDの物販などもありえますね。

ちなみに、私の場合ですと、地域での生きがい作り活動の展開を基軸にして、魅力的な起業家へのインタビューイベントをしかけたり、健康作りのためのフィットネスワークショップや、食のイベントを通じたサロン的な場作りなど、幾つかのアイデアを展開しています。

こうして、一つ一つのコンテンツを小さな柱として、継続的に回すことが出来れば、それが積もり積もって、それなりの収入源となっていくものです。

ぜひ、このような豊富なアイデアで、自由に楽しみながら、行動していっていただきたいと思います。

但し、このことを伝えるにあたり、注意すべきこともあります。

それは、最初から、あちこちに手を出さないということ。
一つ上手く行き始めると、気をよくして、次のアイデアに飛び付くことがありえますが、これは、あまり感心出来ません。

私自身の経験上も、上手く行くこと自体が重要なのではなく、それを通じて、確実に収入化出来るプロセスを自分なりに体得することが大事だと痛感します。

単発的に、集客が上手く行ったり、収益が上がったりすることもありますが、そんな時には、要注意です。

それが、自分の実力によるものなのか、偶発的なものなのかを、しっかり、見極めて行くことも、トライアンドエラーを積み重ねる大事な意味の一つなのです。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >