前田道明 
 前田道明
 (michiakimaeda)

日本企業同士でタッグを組んで世界と戦う|小さく始める海外通販ビジネス【第25回】

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。海外販売・輸入コンサルタントの前田道明です。
世界にもっと日本の「ものづくり」「サービス」を知ってもらいたい思いで、一念発起しコンサルティングを開始しました。「ちょいタノ独立起業Gufo」では、私自身の体験に基づいた海外通販ビジネスの実際を、わかりやすく伝えていきます。


昨今、日本の国際競争力が低下しているといわれております。
しかし、私は日本企業・日本人は競争力があると感じております。

一つの理由として
日本人は世界で一番、要求の高いお客様だと感じるからです。

世界各国に商品を販売している経験から日本人の細かさ、要求の高さを強く感じます。
世界一と言っていいほどの要求が高い日本人を常に相手にしている日本企業に力がないわけがないのです。
相談に来られる企業様も海外でニーズがありそうな商品やサービスを持っています。

しかし、実際に海外販売を始める方は少なく、いつまでも検討段階で数年もかけている企業様も多いのが現実です。

そこで、考えたことがあります。
それは「みんなで一緒に渡れば怖くない作戦」です。

「一社で輸出をおこなうのではなく日本企業数社でタッグを組んで輸出を始めてはどうか」という提案です。
機械・工業関連であれば、数社の異なる技術をアピールして受注を獲得することも見えてきますし、新しい商品やサービスを開発することも可能なはずです。

日本企業同士で競争する時代は終わりを告げていると考えております。
今一度、自社の商品・サービスを最大限活かす方法を検討してみてもいいかもしれません。

企業同士がタッグを組む方法は国内販売にも応用できる方法だと思います。
新しい考えは新しい道を示してくれます。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >