大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件|【問40】一番になったことがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
問題整理の専門家、問題解決コンサルタントの大谷更生です。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは
40)一番になったことがある


起業家が相手から選ばれるために必要なもの

起業家はお客さまや取引先、ビジネスパートナーから選ばれなければ自分のビジネスを継続することはできません。
では、相手から選ばれるために何が必要か?
その答えのひとつが今回の問い「一番になったことがある」経験や実績です。

ものづくりをしている様子『そんなこと言われても、自分は今まで一番になった経験が一度もがない』
そうおっしゃる方も少なくないでしょう。
そんな方のために“一番になったことがある”に自信を持って「はい」と言えるコツをお伝えします。
オススメは『一番を創る』。

一番手っ取り早い方法は、自分が得意な分野で、これだったら他の人に負けないと思えるところまで実績を積み上げることです。
どんな手順で実績を積み上げるか、私が今年に入って新しく立ち上げたサービスを例に解説します。

そのサービスは『ビジネスモデル作成』。
ビジネスモデル作成サービス
見込み客との最初の接点から商品・サービス購入までの流れを整理して、紙1枚に全て表現することで、ご自身のビジネスを軌道に乗せるために具体的にどんな行動が必要かをひと目で理解できる、あなた独自のビジネスモデルを作成する、というサービスです。

 

今年4月にこのサービスを立ち上げようと思った私が最初に行ったのは“毎日1人のビジネスモデルを作る”。
毎日1人、ビジネスモデルを勝手に作って相手に送りつける。
そんな作業を毎日続ける中で、gufoでおなじみの↓な方々にブログ等で紹介いただき、

gaosan-business-modeltakeisan-business-model enomotosan-business-model

今では一番の売れ筋サービスに成長しました。kose-business-model140630

一番を創る肝は、誰でもできることを誰よりも熱心に取り組み、小さな成功を積み上げて自信をつけ、自分だけの成功パターンを作り上げること。

絞り込んだテーマに集中してパワーを投入し、実際に一番を勝ち取ってください。
一番となったことが自信となり、次の飛躍への大きな一歩を踏み出すことができます。

あなたは一番になったことがあるおかげで、どんな案件にも自信を持って挑むことができます。


本日の問い>>
あなたの“一番”を教えてください

次回もお楽しみに…。


次回のテーマ:
41)相手のツボを心得ている

参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
書籍「3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと」

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >