和久学 
 和久学
 (manabuwaku)

レディ・グーフォが聴く!会社に依存しない人の生態調査「梅津ミスズさん(1)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レディ・グーフォ

みなさんこんにちは。

私の名前は「レディー・グーフォ」。
未来からきたフクロウ型ロボットよ。

この星に存在する“会社に依存しないはたらき方” をしてるってヤツラのことを調べに未来から来たの。

会社に依存しない人 たちが、日々何を考え行動し、どんな課題にぶつかっているのか

そんなリアルな生態を調査して、未来に持って帰りたいの。

レポートはかなりたまってきたけど、もっともっと生きた事例が必要なのよ。


 

今回調査に協力してくれたのは、フリーランスでグラフィックデザイナーを
されている 梅津ミスズ(うめずみすず)さんよ!

梅津さんにいろいろ話を聞きながら、未来を変えるヒントを持って帰るわ!
梅津さん、よろしくお願いね!


梅津ミスズさん

 

 グーフォ

それじゃあさっそくお話をお伺いしていくわ!

 

梅津ミスズさん 梅津

よろしくお願いします!

 

 グーフォ

梅津さんは今、どんなお仕事をされているのかしら?

 

梅津ミスズさん 梅津

今は大きく分けて3つの柱があります。
フリーランスとしてのグラフィックデザイナー、講師業、
そしてあるIT企業にパートとして、WEBデザインのお仕事をさせて
もらっています。

 

 グーフォ

3つも!すごいわね。
それぞれ全然違う仕事のように思うけれど、
どうして今のお仕事をするようになったのかしら?

 

梅津ミスズさん 梅津

グラフィックデザイナーは主に個人事業主様や中小企業様向けの
広告物を制作しています。

今後はデザイン以外の仕事も増えていくだろうと思って、
スピンオフからSpinof Design(スピノフデザイン)という
屋号で活動しています。

私は美大を卒業してから、20代の頃はいくつかの会社で
お世話になってきました。

デザイナーという仕事は長時間労働で残業無しというのが
一般的で、とても大変な環境です。

子どもを持ちながら正社員として働く女性デザイナーという
存在は、私の周りにはいませんでしたね。

ですからゆくゆくは独立してフリーで、と考えていたので、
結婚した後に女性向けの起業塾に通って、それでフリーランスとして
活動を始めたという、そういう経緯ですね。

 グーフォ

話にはよく聞くけれど、デザイナーという仕事は大変ね。
この仕事を長く続けるためには独立してフリーで、という
カタチが合っているのかもしれないわね。

 

梅津ミスズさん 梅津

講師業に関しては、会社経営をされていらっしゃる方のお宅に訪問して、
パソコンのレッスンを行っています。

システムエンジニアがメインで教えていて、
私はサポート兼オリジナルテキストのデザインを担当しています。

内容はパソコンに限らず、ITを活用した業務改善をメインにしていて、
お客様からはとても満足いただいていますよ。

そして今年の春からは商業高校で市民講師として、週1回デザインの授業を
担当しています。

 

 グーフォ

講師のお仕事って、どういう経緯で始めたのかしら。
結構興味のある人って多いと思うんだけど。

 

梅津ミスズさん 梅津

パソコンレッスンは私が入っている保険の担当の方から、
パソコンや家電で相談できる人はいないかと相談を受けたこと
キッカケなんですよ。

そういうことを教えることが上手な人を知っていたので、
そのシステムエンジニアさんを紹介したことが今の仕事に
つながっていますね。

市民講師の方は、これも相談されたことがキッカケでした。
私が以前、町おこしのための商店街フラッグをデザインしたことがあって、
そこでやりとりさせていただいた広告会社さんからの相談でしたね。

 グーフォ

なるほど、相談を受けてそれを解決するためにはどうすればいいのかを
考えて提案をする、ということが大きなキッカケになっているような、
そんな気がするわね。

目の前に来たチャンスを確実に手にしているような印象を受けるわ。

 

梅津ミスズさん 梅津

パートのWEBデザイナーの仕事は週3日勤務で、
今年の4月から始めました。

トップページやバナー、アイコン、LINEのスタンプまで、
ご依頼いただいたものは幅広く制作しています。

主婦向けのお仕事を探してくれるあるサイトに登録していて、
その担当者の方から、お子さんのご都合を優先してくれる企業
デザイナーを募集しているので紹介しましょうか、というご連絡をいただいて。

小さい子どもを持ちながら外で働くことに不安はありましたが、
いざ始めてみると・・・子どもはあまり体調を崩しませんでしたね。
たとえ風邪をひいて保育園から呼び出しがあったとしても、
早退もしやすいという、とても働きやすい環境で助かっています。

 

 グーフォ

それは助かるわね!
子育てと仕事の両立に頭を悩ませる人って多いから。
そういう環境が整った会社がもっと増えてくれるといいんだけど。

でもそれだけ色んなことをやってると、いろいろと大変なことが
起こったりしない?

 

梅津ミスズさん 梅津

そうですね・・・確かにいろいろとありましたが・・・
でも割とすぐに乗り越えることはできたかなと思います。

一番大変だったのは・・・ちょうど去年の今頃でしたが、
1歳になる子どもの保育園の申し込み手続きです。

今までは一時保育でしのいできたのですが、育児をしながらの仕事は
やっぱり体力的に厳しくて、認可園への入園を希望していたんです。

でも新興住宅地で、フリーランスで、という条件ではたして入園することが
できるのだろうかと、日々不安な気持ちで過ごしていたことを覚えています。

親身になってお話を聞いてくださった福祉課の方からは、
入園のために、事務等のお仕事でお勤めなさってはいかがでしょうかという
アドバイスをもらって、廃業も一瞬脳裏をよぎりました

結果的に運良く、入園枠の多い新設の認可園に入園できて、
仕事の量と幅を増やすことができたのですが、正直あれが最大のピンチだったと
思いますね。

 グーフォ

そうだったのね・・・。
一歩間違えればもしかしたら、今のお仕事をしていなかったかも
しれないのね。

この時代のこの国の、特に子育てをする女性に対する労働環境は
少しずつ改善されつつあるとはいえ、まだまだ注力していかないとって
気がするわね。

次回は梅津さんの今の仕事の進め方に関することを
掘り下げて聞いていくことにするわね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >