竹元紳一郎 
 竹元紳一郎
 (TakemotoShinichirou)

妻子ローン有り36歳が全く別分野で起業ナウ|【第15回】ジョナサンの覚悟って本物??

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
DreamBase竹元です。

前回のコラムでは、追い詰められてきたときに、どのように感じ、どのように気持ちを前に推し進めてきたか?について書きました。心のお話でした。


札束でも、心が前向きになっても、それだけでは売上げはたっていきません。
「君、前向きだねー100万円あげよう!」って言ってくれる人は、まだ私の周りには居ませんでした。
(そのうちきっと現れると思っているので、“まだ”です。)

口座残高が30万円を切った辺りで、余裕がなくなってきました。
もともと余裕なんてないのですが(笑)
いよいよ心に余裕がなくなってきました。

どんな状態か?
一ケ月で売上を増やさないと、2か月後には破産状態だよー!!

・・・結構やばくない?

ハンマーを振りかざす女性人間って、いきなり“シッペ”されるより、「叩くよ、叩くよ」って言われながら“シッペ”された方が嫌ですよね。(笑)
それっ!そんな状態です。
「破産するよ。破産するよ。ウリウリ」って言われています。

でも“シッペ”される時は、大体罰ゲームなので逃れられないけれど、破産は逃れられる!!(ポジティブ!!いえーい♪)
まぁ正確に言うと、「逃れるための努力は出来る!!」ですけれど(笑)


つまり心の問題を解決したら、行動ですね。
現実を変えようと思ったら、行動するしかないですもんね♪

じゃあ、実際どうか?
もちろんそんな簡単にいきません。(きっぱり!)
出来るなら、そんなに追い詰められないしね。

一つ施策を打ってみたが、短期的な効果は望めないし、
結果がNGだったら、この独立はNGってなる。それだけは避けたい!
いや、そんな博打みたいな事したくない。
(傍から見たら、十分博打みたいな人生かもしれないけど(笑))

と言う事で、3つの施策を同時にやる事にしました。
長期、短期、根本解決の施策です。
目の前の短期的な収益の改善に目が行きがちだけれど、根本的な問題解決をしないと自転車操業になってしまう。
3か月後に同じ状況になってしまう。

「自転車を除く」の標識いや、本当は自転車屋さんなんてちゃんと自転車直すことから始め、長期的な経営戦略を立てているはずだから、比べちゃ悪いですね。
ごめんなさい自転車屋さん。

心の余裕がなくなった時に、人はどうしても気持ちが内向きになっていきます。
客観的に批判されるのが怖いから、どうしても外向けの行動量が減ってしまう。
コーチングで人の応援をしながら、仕事が無いので、時間がある(汗)
そして内向きになっていく・・・
なんとかスパイラル(くるくる)


こんな状態でも、信念はある。(えっへん!)
クライアントさんの仕事やプライベートの状況が大変で、コーチングセッションが負担になってしまいそうであれば、
「もし、コーチングセッションが負担になってしまうのであれば、一度お休みしませんか?」
と声をかける。

契約を一時停止するので、当然、より収入が減る。(心で泣いてます。)
コーチングは相手の人生をより良くする為のモノ、そのセッション自体が相手の負担になるならやらない方が良いに決まってる。

ヨシ、仕事をもらいに行こう!!
新しく仕事を作るとなると、時間がかかるので、仕事をもらい短期的な収支改善しながら、
長期的に仕事を回していけるように投資資金に回していく。
よし!そうしよう!

誰に頼ればいいのか?
仕事をくださいって言える人いるか?

書いていたら文字数が多くなってきたので、実際誰に仕事をもらいに行ったか?については次回に書きます。

起業っていうと、こんなにつらい状況も実際にはあります。
比較的甘い方かもしれません。
多くの起業家も通ってきている道だと思います。
(一般的にあまり語られないけどね。)

なので、誰しもが起業した方が良いなんて、とても言えない。
でも、知っておいても良いのかな?と思って書きました。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >