佐藤 公和 
 佐藤 公和
 (kimikazusato)

プロコーチの起業日記|【第36回】旅立ちのとき

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。
“応援のチカラ”の佐藤です。

この起業家メディアGufoでは、会社員だった2009年6月(4年前)に起業を決意し、現在プロコーチとして活動するに至った私自身の経験をお伝えしています。


会社を退職して起業することについて家族に理解してもらえたことで、決意を新たにして、起業に向けて準備を進めていこうと思っていましたが、一方である不安も感じていました。

その不安とは?

  • 本当にプロコーチとしてやっていけるだろうか?
  • 収入が不安定になることもあるかも。お金は大丈夫かな?

起業準備を進めてきたものの、いよいよ退職して起業するということになり、不安を感じていたのです。
 
そのことを私のコーチに相談したところ、

「佐藤さん、漠然とした不安は、放置しているとどんどん大きくなりますよ。」
 「毎月の必要な生活費と、収入ゼロだった場合にいつ資金がゼロになるのか、確認してみましょう。」
 「その上で、資金ゼロにならないようにするために、いつまでになにをすべきなのかを明確にして、それをすることに集中することが大切ですよ。」


というアドバイスをいただきました。


早速、毎月の生活費と資金がゼロになるタイミングを試算したところ、約1年間は大丈夫だということがわかり、やるべきことへ集中できるようになりました。

会社の上司には、

  • 家族のこともあり、新潟へ転勤することは難しい
  • でも、このまま東京で仕事を続けると迷惑がかかる
  • だから、会社を退職したい

ということを伝えました。

すでに後任人事も決まっていたようで、会社にはご迷惑をおかけしましたが、私としては、すっきりした気持ちで退職することができました。

 


以上が、「プロコーチの起業日記(起業編)」でした。
今後、準備期間をいただいて、「プロコーチの起業日記(起業直後編)」をお伝えする予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >