竹元紳一郎 
 竹元紳一郎
 (TakemotoShinichirou)

妻子ローン有り36歳が全く別分野で起業ナウ|【第16回】禁断の奥の手

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
DreamBase竹元です。

前回、辛い状況を打開するためには行動しか無い!
とお伝えしました。
では実際、何をしたかをお伝えします。


まず「長期的な見直しはしない!」と決めました(笑)

会社員に戻ってやり直す選択もあります。
正直よく頭をかすめるし、妻にもよく言われる。
でも、選択肢としては安直で、どうしても避けたい。

分かれ道 一度、「違う生き方を選択する!」と考えて決断し、沢山の事をやってきた事が、いったい何だったんだろう???となってしまう。
会社員に戻ってやっていくのは、もちろん大変な事だけれど、お金が無い事に対する不安を取り除いてくれる。

その安心感があるから、『リラックスしたり、心の平穏だったり』があるのは知っている。
でも、それと引き換えに、未来の漠然とした不安感と付き合っていかなければいけない事も知っている。

念のためにお伝えしておきますが、会社員が良いか悪いか?と言う評価をしているのではありません。
会社員ももちろん素晴らしい仕事です。
働き方が違うだけです。

それに会社員じゃないと出来ない事も沢山あるし、会社員だからできる投資手法もあります。退職してから沢山気づきました。


でも、長期的な考え方は変えない。
『やっぱり時間に拘束されない様な生き方をする!』って決めているし、その選択を実現させるために頑張るって言う覚悟を再確認しました。

中期計画の見直しとして、事業計画書を再作成することに手をつけました。
ここは手を入れないと大変な事になる。
行き当たりばったりの人生だけど、毎日確率の悪いギャンブルをしていたら、体がいくつあっても足らない(笑)
スロットセブンスロットセブンスロットリプレイ

こう書くとかっこいいですが、
友人からビジネスコンテストに誘われ、着手せざる得ない状況になったからという理由が一番大きい。

簡単に言うと、ターゲットを変える。
会社員で「起業・独立を目指している人」と言うターゲットから
「好きな事をしていたら月三万円儲かっちゃった。」と言う人に変更する事にした。
そうすると情報発信の内容も変わってくるし
セミナーのコンテンツも変更していかないといけない。

短期計画の見直しは、二つの施策です。
ジョイントベンチャー
頼み込む(笑)

二番目は施策と言って良いかかどうかは分からないですが。
一緒に事業展開できる相手を探す事と、本来やってはいけない「お願いします」営業です。(笑)

 


コンビニのイラストそして最後にカンフル剤として、禁断の奥の手
アルバイトーー!!
コンビニ深夜バイトなども検討しましたが、結局友人の関係している会社にお手伝いに行くことになりました。

何故禁断か?
本来やりたかった事業に戻るのが難しくなってしまう可能性が高まるからです。

時間が無くなる。時間給なので。。。
お金が少し入るので安心感が出てしまう。 貪欲さがなくなる。。。
一度始めると人間関係もできるため、辞める手続きが大変。 周りの人はいい人だし。。。

その中でも、一番抵抗感があったのが時給と言う事です。
(バイトだし当たり前でしょ。)
はい、おっしゃる通りでございます。
でも時給で働く人間じゃない!!と心の奥底で思っています。

近い将来沢山メリットを提案して業務委託のような仕事の形態にしていきたい。
そして、自分の事業の一つとしてお仕事に関わらせて頂きたいと考えています。
と言う事で、普通のアルバイトがしないような提案を沢山しようっと。

こんな奥の手を使って耐えしのいでいます(笑)


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >