和久学 
 和久学
 (manabuwaku)

レディ・グーフォが聴く!会社に依存しない人の生態調査「夏川賀央さん(2)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レディ・グーフォ私の名前は「レディー・グーフォ」。

未来からきたフクロウ型ロボットよ。

この星に存在する“会社に依存しないはたらき方” をしてるってヤツラのことを調べに未来から来たの。

会社に依存しない人 たちが、日々何を考え行動し、どんな課題にぶつかっているのか

そんなリアルな生態を調査して、未来に持って帰りたいの。


 

前回に引き続き調査に協力してくれたのは、
賢者のビジネス研究所 代表取締役の
夏川賀央(なつかわがおう)さんよ!

夏川さんにいろいろ話を聞きながら、未来を変えるヒントを持って帰るわ!
夏川さん、よろしくお願いね!


夏川賀央さん

 

 グーフォ

それじゃあ引き続きお話をお伺いしていくわ!

 

夏川賀央さん 夏川

よろしくお願いします。

 

 グーフォ

夏川さんが運営されている賢者の会についてお聞きしたいわ。

 

夏川賀央さん 夏川

賢者の会はもともと私が執筆した
『成功しちゃう「人脈」は、じつは公私混同ばかり』という本の趣旨に則って、
公私混同でお互いに自由にビジネスがつくれるような会を目論んだものでした。

現在はこの趣旨を拡大し、『「好きなことを仕事にしたい!」と願う人たちが、
「好きなことを仕事にできる力」を高める』というテーマを掲げて発展しています。

 

 グーフォ

具体的にはどんな活動内容なのかしら。

 

夏川賀央さん 夏川

毎回ゲストを招いて「皆が学べる」という勉強会スタイルにするとともに、
懇親会での交流をビジネスにつなげられるように考えて運営しています。

実際、「文章講座」や老舗旅館の方がメンバーに関わることで生まれた
「作家なりきり合宿」など、ここから新しいプロジェクトが生まれることが
多くなっていますね。

 

 グーフォ

作家なりきり合宿!なんだかおもしろそうね!
賢者の会に参加すればいっぱいメリットがありそう!

 

夏川賀央さん 夏川

メリットというのはこちらで押しつけるものでないと思いますが、
「自立して自分が好きな仕事をやっていきたい」と考える人には
勉強の機会がありますね。

そして本を出版したいと考えている人や、何か新しいプロジェクトができないかなと考えている人には、協力して一緒に何かができるチャンスもきっとあると思います。

 

 グーフォ

どんな人が参加しているのかしら?

 

夏川賀央さん 夏川

そうですね、やっぱり個人事業主がメーンですが、さまざまな人が参加してますよ。

コンサルタントや士業、デザイナー、通販業種、ライターなど・・・
もちろん営業、エンジニア、販売、出版社など、会社員の人もいます。

 

 グーフォ

そういう人たちが例えば本を出したい、出版したい、小冊子を作りたいって
考えた時に、まず何から始めてどういうことをしていけばいいのかしら。

 

夏川賀央さん 夏川

電子書籍に関していえば、まずはブログなどで発信をしていくことが第一ですね。

ある程度、自分の専門分野を固め、それについて定期的に何かを発信していけば、
40日くらいで本になる分量になります。

同時に読者の開拓にもなるし、自分のプロデュースにもなりますから、
一番効率的な方法と言えるでしょう。

 

 グーフォ

ブログで文章を書くことでライティングの練習にもなりそうよね。

 

夏川賀央さん 夏川

さらに紙の媒体の本を考えるなら、積極的に編集者の人脈をつくっていくことです。

本当に本を売ることで動いている編集者であれば、
「この人にこういうことを書いてもらえば売れる本ができる」という発想を
しますから、どんな方向性で自分が勉強すべきかヒントになると思います。

 

 グーフォ

自分が書くべきことを教えてくれるってわけね!

 

夏川賀央さん 夏川

「こういうものを書きたい」だけでやっていくと、
どうしても「出版させてあげることをビジネスにしているところ」しか
引っかからなくなってしまうので、最終的には自己満足的な出版になりがちです。

現在は出版にもいろんな形がありますが、「本を出せばビジネスが飛躍する」なんていう構造ではなくなっています。本を出すことで自分が何を得たいのかを考えることがまず先ですね。

 

 グーフォ

最後にこれから起業したいと思っている人たちに何か
アドバイスってあるかしら?

 

夏川賀央さん 夏川

起業というのはあくまで手段なので、「やりたいことがある」とか
「別の仕事を始めたい」というなら、その方向で動き始めるのが先でしょうね。

別に難しいことを始めるのでなく、「こういうことを考えている」とか、
「こういう仕事をしたいんだ」と発信することからでもいいわけですから。

 

 グーフォ

とにかくまず第一歩目を踏み出そうってことね。

 

夏川賀央さん 夏川

あとは勉強会に出て情報を集めたり、人脈をつくっていけば、
何かきっかけは生まれてくるんじゃないかなと思います。

結局、ビジネスは「出ていくお金」と「入ってくるお金」のバランスなので、
入ってくるお金が上回る構造を作っていけば、事業は拡大していきます。

サイドビジネスの流れからでも、一人で自宅にいてビジネスをすることからでも、
その動きをつくっていくことはできるので、形にこだわらずに、
思っていることがあるなら始めなさいというのが第一ですね。

 

 グーフォ

夏川さん、今日は貴重なお話をありがとう!
レポートをまとめるのが今から楽しみだわ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >