大谷 更生 
 大谷 更生
 (koseiotani)

後悔しない起業家の条件|【問44】自分の人生は自分で選んでいる

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
問題整理の専門家、問題解決コンサルタントの大谷更生です。

後悔しない起業家の条件、今回の問いは
44)自分の人生は自分で選んでいる


サイコロ後悔には2種類あります。
やってしまった後悔と、やらなかった後悔。
人生の最期で悔やんでも悔やみきれないのは、やらなかった後悔です。

多数の終末期患者の診療に携わる緩和医療医の大津秀一さんは、著書 『死ぬときに後悔すること25』で1,000人を越す患者たちが吐露した「やり残したこと」を25個に集約して挙げています。

  1. 健康を大切にしなかったこと
  2. たばこを止めなかったこと
  3. 生前の意思を示さなかったこと
  4. 治療の意味を見失ってしまったこと
  5. 自分のやりたいことをやらなかったこと
  6. 夢をかなえられなかったこと
  7. 悪事に手を染めたこと
  8. 感情に振り回された一生を過ごしたこと
  9. 他人に優しくしなかったこと
  10. 自分が一番と信じて疑わなかったこと
  11. 遺産をどうするかを決めなかったこと
  12. 自分の葬儀を考えなかったこと
  13. 故郷に帰らなかったこと
  14. 美味しいものを食べておかなかったこと
  15. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
  16. 行きたい場所に旅行しなかったこと
  17. 会いたい人に会っておかなかったこと
  18. 記憶に残る恋愛をしなかったこと
  19. 結婚をしなかったこと
  20. 子供を育てなかったこと
  21. 子供を結婚させなかったこと
  22. 自分の生きた証を残さなかったこと
  23. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
  24. 神仏の教えを知らなかったこと
  25. 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと


この中で、やらなかった後悔は
1)・3)・5)・9)・11)・12)・13)・14)・15)・16)・17)・18)・19)・20)・22)・24)・25)
なんと 68%(17/25)を占めています。

やらなかった後悔を減らす一番の方法は、自分の人生を自分で選ぶこと。
では、どうやったら今回のテーマ『自分の人生は自分で選んでいる』に「はい」と答えることができるか。 


人間の悩みは不安と不満、大きくはこの二つに分けられます。

『自分の人生は自分で選んでいる』に「はい」と答えられない方は、自分自身に対する悩み≒不安よりも、自分以外に対する悩み≒不満のほうが大きい傾向にあります。

不満が大きい方は、問題が起きたら我先に逃げようとしたり、何が起きても全て人のせいにしたり、どうやったら楽ができるかをいつも考えていたり、といった特徴を持っています。

母親の指をつかむ子供の手不満を減らす方法でオススメなのがプラス受信。

プラス受信には3つのコツがあります。

  1. 目の前の状況を感情に流されずに客観的に受け止める
  2. 相手の発言や行動を好意的に受け止める
  3. 起こったことをチャンスとして受け止める


目の前に起こったことを好きか嫌いかの感情ではなく、どっちを選んだほうが得るものが大きいか、ビジネス感覚で選ぶことがプラス受信の一歩となります。
あなたは『自分の人生は自分で選んでいる』に自信を持って「はい」と答えられるおかげで、思いどおりの未来を創ることができます。

本日の問い>>
あなたは、自分の人生を自分で選んでいますか?

次回もお楽しみに…。


次回のテーマ:
45)両親に感謝している

参考書籍:
3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと(明日香出版社)
書籍「3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと」

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│      このカテゴリの次の記事 >