複業起業家 hide 
 複業起業家 hide
 (fukugyokigyoukahide)

複業サラリーマンの起業奮闘記【第28回】|えり好みして何が悪い?!複業起業家に必要な人間関係の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
複業起業家hideです。


挙手私達は、普段、自分と合う合わないに拘らず、様々な人達と接しています。
特に、会社などの組織の中では、自分に合わない人とでも上手くやっていくことが要求される場面も、多々、あります。

私は、勤め先以外の世の中にある世界を知った時、そうではない世界があることに気付きました。
今も、サラリーマン複業をやっていると、このギャップをヒシヒシと感じます。


では、どんなところが違うのでしょうか?

自分の信用で道を拓こうという世界では、自分で繋がりたい相手を選べるのです。
自分自身の信用に、稼ぎに繋がる力があれば、それが出来る可能性は高まります。

逆に、複業の世界で、自分自身が辛くなるような人間関係を耐え忍ぶ状況が続いているようならば、それは、自分自身の進む方向か、そのやり方のいずれかが的を得ていない可能性があります。
そういう自分の人間関係の状況を整理することは、実践的な自己チェック法です。

握手私は、常日頃から、自分自身の人間関係状況をチェックします。
友達が多いのか?
それとも、単なる知り合いの域を抜けないのか?
ビジネスパートナーやファンになっていくような継続性ある関係になる可能性があるのか?

こう書くと、私に凄く打算的な印象を持たれるかもしれませんが、そうではありません。
これらは全て、私がお役に立てる人か、或いは、今の私に必要な人かどうかという視点から始まっています。

ご縁という言葉をよく耳にしますが、複業起業家の世界では、自分の目的がハッキリしないところには、望むご縁は生まれません。

ですので、折に触れて、以下の2つを自分自身で整理することをお勧めします。
・自分自身が、大なり小なり、他人のお役に立てること
・今の自分自身が探しているもの、解決したいこと、必要としているもの(人)など

私は、これを明確にし、出会う人に伝えることを繰り返しながら、自分が求める情報や人を得てきています。
これが出来れば、「人繋がりは自分自身でえり好みして求める」ことの大切さが、少しずつ、見えてくるかと思います。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加
                       
< このカテゴリの前の記事
    
HOME│