レディーグーフォ

どうも。はじめまして。こんばんみ!
…じゃなくて、こんばんは!
(ヤダ、変な言葉の癖がついちゃったわ)

アタシの名前は レディ・グーフォ
未来からきたフクロウ型ロボットよ。

 

え?何しに来たかって?

あらアンタ、アタシたちに興味があるの?

…いいわよ。教えてあげる。
ここがどんなところか少しは説明しておかないとね。

アタシたちはね、この星の “池袋” とかいう場所にいる “会社に依存しないはたらき方” をしてるってヤツらのことを調べに来たの。
なんだって、その会社に依存しないってヤツらは、時間や場所に縛られなくて、独自にお客さんを開拓していて、彼らならではの価値観をもっているらしいじゃない。
なんか、自由で、力強くて、素敵だわ。

だって、そんなヤツ、未来には殆どいないんだもの。
大企業と下請け個人に二極化してるわ…
みんな疲弊しきってるの。

いったいどうしてこんな世界なってしまったの?

 

“会社に依存しないはたらき人” の本当の姿を知る


きっと何か、未来を変えるヒントがこの時代にあるはず!!
そう思って、アタシはデスクの引出しの中…
えぇっと、ちがぅ、、タイムマシンに飛び乗ったわ!!
(どっかで聞いたことあるような、、って思ってるでしょ?…まぁ、いいわ)

…そして今、ここにいるの。
もうすぐ他のグーフォたちも到着すると思うわ。
個性的な奴らばかりよ。ビビらないでね。

ちょっと話がそれたかしら。

会社に依存しないはたらき人たちは、
日々何を考え行動し、どんな課題にぶつかっているのか。
どのような工夫を凝らし、如何に課題をクリアしているのか。
そして、どんな成果を生み出しているのか。

会社に依存しないはたらき方の魅力楽しさ
そして、試練苦悩

そんな リアルな生態 を調査して、未来に持って帰りたいの。
いいかしら?別に構わないわよね?
それが未来の助けになるのなら、アンタたちも本望よね。
   ・
   ・
   ・
わかったわ。
アンタたちがそこまで言うなら、協力してあげる!

じゃ、まずは、彼らの本当の姿を知るところからはじめようと思うわ。
未来の人たちに「自分たちにもできるかもっ!」って、そう思ってほしいのよ。

 

そうこうしているうちに、グーフォ・ピンクも到着したみたいね。
彼女のことも紹介しておくわ。アタシの大切なパートナーよ。

 

ピンクグーフォみなさん、こんばんはー
外身はピンク、中身はブラック、
みんなのアイドル「グーフォ・ピンク」ですー
よろしくお願いしますコノヤロー

仲良く一緒に、会社に依存しないはたらき人の調査をはじめましょー